CSSだけでストライプ柄の背景を実装する方法

CSSだけでストライプ柄の背景を実装する方法

CSSだけでストライプ柄の背景を実装する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ドメイン無制限・WordPressが使える格安サーバー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像を一切使わず、CSSだけでストライプ柄の背景を実現する方法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

CSSだけで背景をストライプ柄にする方法

斜めストライプ

斜めのストライプを実装するには、CSSで以下のように記述します。

background-image: linear-gradient( -45deg, #f5eeed 25%, #f4e2de 25%, #f4e2de 50%, #f5eeed 50%, #f5eeed 75%, #f4e2de 75%, #f4e2de );
background-size: 30px 30px;

background-imageの「-45deg」がストライプの角度、「#f5eeed」と「#f4e2de」が色の指定になります。background-sizeでは、ストライプの太さを指定します。

これを見出しなどストライプ柄の背景にしたい要素に指定します。

上記を指定するとこんな感じで表示されます↓

斜めストライプ

横ストライプ

横向きのストライプを実現するには、上記で指定したストライプの角度を0にすればOKです。

background-image: linear-gradient( 0deg, #f5eeed 25%, #f4e2de 25%, #f4e2de 50%, #f5eeed 50%, #f5eeed 75%, #f4e2de 75%, #f4e2de );
background-size: 30px 30px;

このようにbackground-imageで角度の指定を「0deg」にすれば、横向きのストライプになります。

横ストライプ

縦ストライプ

もうおわかりですね。縦向きのストライプにするには、ストライプの角度を90度で指定します。

background-image: linear-gradient( 90deg, #f5eeed 25%, #f4e2de 25%, #f4e2de 50%, #f5eeed 50%, #f5eeed 75%, #f4e2de 75%, #f4e2de );
background-size: 30px 30px;

このようにbackground-imageで角度の指定を「90deg」にすれば、縦向きのストライプになります。

縦向きのストライプ

あとがき

Can I useで調べてみたところ、linear-gradientはほとんどのブラウザで使用可能でした。

linear-gradientのブラウザ対応表

対応していないのはIE8以下とOpera Miniくらいなので、無視しても大丈夫ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。