EC-CUBEの新着情報でHTMLを使えるようにする方法

EC-CUBEの新着情報でHTMLを使えるようにする方法

EC-CUBEの新着情報でHTMLを使えるようにする方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EC-CUBEの新着情報は、デフォルトではHTMLが使えません。新着情報の中で画像を入れたり、リンクを入れたりしたい場合もあると思います。

そんな時のために、新着情報でHTMLを使えるようにする方法を解説したいと思います。

スポンサードリンク

EC-CUBEの新着情報でHTMLを使えるようにする方法

[デザイン管理] – [PC] – [ブロック設定]へアクセスし、「新着情報」の[編集]をクリックします。

新着情報ブロック

以下のコードを見つけます。

<!--{$arrNews[data].news_comment|h|nl2br}-->

これを以下のように書き換えます。

<!--{$arrNews[data].news_comment|nl2br}-->

上記のように書き換えるとエディタ内で入れた改行は自動的に認識されますが、改行もHTML内で記述したいという場合は、以下のように変更します。

<!--{$arrNews[data].news_comment}-->

エディタ内で使えるタグの種類については、[システム設定] – [マスターデータ管理]の「mtb_allowed_tag」内で定義します。

マスターデータ管理

あとがき

mtb_allowed_tagで許可したタグは、商品登録時の「詳細-メインコメント」など、他にHTMLが許可されている部分と共通になります。この点は少し注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。