を使います。"というような文章を書きたい時、そのままHTMLを記述すると、

の部分がタグとして扱われるため、"

"は表示されません。

はHTMLで使うタグなので、文章中に記述したとしてもHTMLではタグだと判断されてしまいます。">

HTMLで半角スペースや円マーク等の特殊文字を表示する方法

HTMLで半角スペースや円マーク等の特殊文字を表示する方法

HTMLで半角スペースや円マーク等の特殊文字を表示する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 次世代の暗号通貨投資法!初心者でも!どなたでも年利36.27% ⁉︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例えば、「HTMLで段落を記述する場合、<p>を使います。」というような文章を書きたい時、そのままHTMLを記述すると、<p>の部分がタグとして扱われるため、”<p>”は表示されません。

<p>はHTMLで使うタグなので、文章中に記述したとしてもHTMLではタグだと判断されてしまいます。では、タグ等の特殊文字を文章中に表示させたい場合、どのようにすれば良いのでしょうか?

こういう時は、文字参照を使います。文字参照というのは、記号やアルファベットの組み合わせでHTML内に特殊文字を記述するものです。

文頭の例だと<と>を文字参照で記述すればOKです。

<p>HTMLで段落を記述する場合、&lt;p&gt;を使います。</p>

このように文字参照することで<p>のようなHTMLのタグを文章として表示することができます。

&lt;⇒<
&gt;⇒>

記述した文字参照はこのようになっています。”&lt;”と”&gt;”で”p”を囲うことでタグの部分を表現しています。

このようにHTMLで特殊文字を使う場合、文字参照を使って記述していきます。

ちょっと覚えにくいかもしれませんが、「文字参照 HTML」等で検索すると一覧が出てくると思いますので、あまり使わないものは一覧から参照して記述するといいと思います。

&lt;と&gt;の他によく使う文字参照が、半角スペースです。文字は入れないけどスペースだけ入れておきたい、ということがあるかもしれません。HTMLでは、ただスペースを開けても無視されますので、こういった時は「&nbsp;」で半角スペースを入れます。

特殊な記号や文字をHTMLで表示する時は、文字参照を使うということを覚えておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。