RSSフィードが存在することを知らせるためのlinkタグ

RSSフィードが存在することを知らせるためのlinkタグ

RSSフィードが存在することを知らせるためのlinkタグ
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラウザの拡張機能などを導入していると、サイトを開いた時にRSSフィードが購読可能かどうかを調べて、アイコンでお知らせしてくれます。

私は、Google Chromeの「RSS Subscription Extension」というエクステンションを入れていますが、RSS Subscription Extensionを入れていると、RSSフィードが見つかった場合以下のようなアイコン(URLバーに表示されます)でお知らせしてくれます。

rss-icon

アイコンをクリックすると、WEBサイトに設定されているRSSフィードを表示してすぐにフィード購読を登録できます。

RSSフィードがあるかどうかをどうやって認識しているかというと、HTMLの<head>内に設置されているRSS用のlinkタグを調べています。このタグがないと拡張機能はRSSフィードが存在しないと判断してしまいます。

そうなると、サイト内にアイコンなどを設置してRSSのURLがわかるようにしていないと、RSSを購読してもらうチャンスを逃してしまいますね。RSSフィードのURLをサイト内に表示するのもいいですが、linkタグでもRSSフィードが存在することを示しておくのがベターです。

WordPressなどのCMSを利用していれば、自動的にRSSフィードを作成して、linkタグも<head>に追加してくれるのでいいのですが、通常のWEBサイトだと自分でlinkタグを追加してあげないといけません。

スポンサードリンク

RSSフィードが存在することをお知らせするためのコード

「RSSフィードがココにありますよー」と拡張機能などにお知らせするためには、以下のようなコードを追加する必要があります。

・フォーマットがRSS2.0の場合
<link rel="alternate" type="application/rss+xml" href="フィードURL" title="RSS2.0" />
・フォーマットがAtomの場合
<link rel="alternate" type="application/atom+xml" href="フィードURL" title="Atom" />

RSSにはフォーマットの種類が複数存在しますので、そのフォーマットに合わせてタグも追加してあげる必要があります。フォーマットの形式がわかっている場合は、そのフォーマットに合わせて設置すればOKです。

RSSフィードのフォーマットがわからない場合は、今は「Atom」か「RSS2.0」という形式でフォーマットされている場合がほとんどだと思いますので、上記の両方を設置してみてどちらがフィードを読み取れるか確認してみてください。

なお、フィードが複数ある場合は、linkタグを複数設置することも可能です。当ブログでは、通常のブログフィードとコメントフィードの2つが存在しますので、以下のように複数のlinkタグが<head>に記述されています。

<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="TechMemo &raquo; フィード" href="http://techmemo.biz/feed/" />
<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="TechMemo &raquo; コメントフィード" href="http://techmemo.biz/comments/feed/" />

複数のRSSフィード

あとがき

フォーマットが複数存在すると書きましたが、具体的にどう違うのかはよくわかりません。。。RSSもなかなか深いですよねー。

RSS2.0は全文配信に向いてて、AtomはRSS2.0よりもシンプルになったフィードだと思っていますが、合ってますかね?

TechMemoのRSSフィードのURLは以下になりますので、よかったら購読してください。よろしくお願いします。

http://techmemo.biz/feed

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。