格安ウェアラブルカメラを買ってみた

格安ウェアラブルカメラを買ってみた
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めてウェアラブルカメラを買ってみました。ウェアラブルカメラといえば、GoProを思い浮かべると思いますが、GoProって結構いい値段しますよねー。ウェアラブルカメラを初めて買う身としては、ポチッといくには中々勇気がいります。

性能とかを考えるとGoProがいいんでしょうけど、とりあえずどんなものなのか使ってみたかったので、私は格安のウェアラブルカメラを選択しました。購入したのがこちら↓

5000~6000円台のものが色々と出ていますが、レビューの内容も良くて値段も他より安かったQtuoを選びました。GoProの1/10の値段ってすごいですよね。他に3000円という破格のメーカーもありましたが、レビューがひどかったのでやめておきました。

買ってみた感想ですが、結論から言っちゃうと、カメラ初心者が趣味で使う分にはこれで十分だと思います。もちろんGoProみたいに4K動画とかは撮れませんが、そこまでこだわりがない方にとっては十分綺麗な動画が撮影できます。

しかも、防水ケースが付いてきて、30メートルの深さまで撮影可能だそうです。スキューバダイビングやってる方でも海の中の撮影ができますね。

スポンサードリンク

Qtuoアクションカメラ開封の儀

そんなわけで開封の儀・・・というかただの箱とか中身の写真です。

まず、箱はこんな感じです。

Qtuoアクションカメラの箱
Qtuoアクションカメラの箱

箱を開けると、こんな風にキッチリとカメラとアクセサリーが詰まっています。

Qtuoアクションカメラの箱開封
Qtuoアクションカメラの箱を開封

箱の中身を並べてみました。やたらとアクセサリーが入っています。

Qtuoアクションカメラのアクセサリー
Qtuoアクションカメラとアクセサリー

防水ケースからカメラ本体を出すと、こんな感じです。

Qtuoアクションカメラ本体
Qtuoアクションカメラ本体

手頃なものがなかったので、目薬とカメラ本体の大きさを比較してみました。かなり小さいことがわかるかと思います。

Qtuoアクションカメラ大きさの比較
カメラ本体の大きさ比較

なんで目薬だよって思われるかもしれませんが、他に何もなかったんです^^;

Qtuoアクションカメラの仕様

Qtuoアクションカメラの仕様は、以下の通りです。

LEDディスプレイ 2.0LTPS
レンズ 170°広角レンズ
言語 英語/ドイツ語/フランス語/スペイン語/中国語/日本語/ロシア語
ビデオ解像度 1080p(1920×1080)@30fps/720p(1280×720)@30fps/720p(1280×720)@60fps
ビデオフォーマット MOV
周波数 50Hz/60Hz
USB マイクロUSB2.0
電源 5V/1A
電池容量 900mah
作動時間 1080p/90分
充電時間 約4時間
対応OS Windows XP/7/8 SP3/VistaとMac 10.5など
寸法 59.27×41.13×29.88mm
記録メモリ microSD
付属アクセサリー 防水ケース、ベース、保護ドア(防水出来ません)、バッククランプ、接着マウント、サイクルスタンド、アダプタ、リボン、スイッチサポート、固定ベース、3M接着マウント、包帯、電池、ワイヤロップ、データ伝送ケーブル、清浄用布、ユーザーマニュアル

記録メモリはSDカードではなく「microSD」なのでご注意ください。

試しに撮影してみた

試しに頭や足にカメラを付けて、撮影してみました。

スケボーに乗っているので映像はブレブレですが、画質は綺麗です。また、広角レンズなので、思っている以上に広く撮れています。これだけ撮れれば、趣味で使う分では十分かなと思います。

あとがき

1つだけ不満があるとしたら、電池の持ちでしょうか。電池の減りが異様に早いです。ただ、電池メモリがなくなってから結構な時間撮影できましたので、メモリがあまりあてにならないかもです^^;

電池の性能以外は非常に満足できています。ウェアラブルカメラ欲しいけど、GoProは高いし迷っているという方は、Qtuoアクションカメラを候補にあげてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。