404エラーが多いサイトは検索順位が下がるのか

404エラーが多いサイトは検索順位が下がるのか

404エラーが多いサイトは検索順位が下がるのか
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトの規模が大きくなると、ウェブマスターツールに記録される404エラー(クロールエラー)が多くなることもあると思いますが、404エラーが多くなると検索順位に影響するのでしょうか。WEBサイトを運営している方なら気になるところですよね。

結論からいうと、「そんなの関係ねぇー」だそうです。

Googleウェブマスター向け公式ヘルプフォーラムで、Google社員のJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が以下のようにコメントしています。


The number of broken links — assuming the links point to URLs that don’t exist — generally does not affect your site’s crawling, indexing or ranking at all, regardless if it’s a handful or millions of them. This does not make us assume that a website is of lower quality (personally, it’s more like a sign that the website is technically handling these invalid URLs correctly, which would be a good sign). The number of 404/410 crawl errors would also not negatively affect the crawl rate of the website — it might even increase the crawl rate since the server can likely respond to these requests a bit faster than to normal requests.

The caveat that Luzie mentioned still applies though — if these links were meant to point to legitimate content, then of course those links won’t work, and that can make it harder for us to find that legitimate content. In other words, if your website is linking internally with broken URLs instead of correct URLs, then that would be worth fixing. In your case, these links appear to be pointing to invalid URLs, so that’s not a worry here.

The reason for the “generally” is somewhat technical and not something that most websites would need to worry about. In particular, we try to limit our crawling on a per-server basis to avoid overloading the server and its websites. If we were to crawl invalid URLs instead of useful URLs, then it could take longer for us to recrawl the useful URLs. Since we try to prioritize normal URLs that we know about over URLs that we’re just double-checking to see if they exist, this wouldn’t be an issue; we’d still crawl your normal URLs normally and just try to squeeze these extra URLs in on the side. Even if we were to crawl some normal URLs a bit less frequently, that would generally not affect their indexing or ranking.

 

ジョン・ミューラー氏によると、「リンク切れによってクロールエラーが発生した数は、サイトのクロールとインデックス、ランキングに通常はまったく影響しない。ほんの少しであっても何百万であっても。」ということです。

つまり、404エラーが大量にあったとしても、自分で削除したり外部サイトから貼られているURLに対してクロールエラーを起こしているのであれば、無視して問題ないということになります。

クロールエラーが妥当な理由によるものであれば、そのままにしておいて問題ありません。

ちなみにGoogleのクローラは、404や410エラーを返すページであっても、またクロールしに訪れます。これはページが復活している可能性を加味しての動作です。クロールの頻度はちょっとずつ減ってきますが、半永久的に続きます。

ページがなくなったりURLが変更されたりすることはWEB上ではごく当たり前の現象なので、クロールエラーが発生したくらいでサイトの評価を下げたり、クロールやインデックスに影響したりすることはありません。その辺りはGoogle様もちゃんと理解してくれているということですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。