無料でISOにも対応!動画ファイルをDVDデータに変換するオーサリングソフト「DVD Flick」

無料でISOにも対応!動画ファイルをDVDデータに変換するオーサリングソフト「DVD Flick」

無料でISOにも対応!動画ファイルをDVDデータに変換するオーサリングソフト「DVD Flick」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DVD Flickは、動画ファイルをDVDデータに変換するためのオーサリングソフトです。

フリーのオーサリングソフトを探していて、以下のソフトも試してみたのですが、私の環境では途中で落ちたりエラーが出たりで使えなかったので、DVD Flick一択となってしまいました。

  • DVDStyler
  • Free Videos To DVD
  • Windows DVD メーカー
  • SuperDVD Video Editor
  • VSO DivxToDVD 日本語版

途中で落ちさえしなければ、Windows VistaやWindows 7に標準インストールされている「Windows DVD メーカー」が、メニュー画面のカスタマイズなども柔軟にできて良さげでした。

DVD Flickは、メニュー画面が決まったテンプレートからしか選べないのが微妙なんですよね。でも、非常にシンプルで使いやすいし、ISOファイルの作成もできて便利です。

スポンサードリンク

DVD Flickのインストール

DVD Flickのインストール手順は、以下の通りです。

1. ダウンロードページからDVD Flickをダウンロードします。

DVDFlickのダウンロード

2. ダウンロードしたセットアップファイルを実行し、[Next]をクリックします。

DVDFlickのインストール実行

3. 「I accept the agreement」にチェックを入れて[Next]をクリックします。

I accept the agreement

4. 保存先を指定して[Next]をクリックします。

保存先の指定

5. 保存するメニューフォルダを選択して、[Next]をクリックします。デフォルトのままでOKです。

保存するメニューフォルダの選択

6. デスクトップにショートカットを作成する場合は「Create a desktop icon」にチェックを入れ、DVD Flickに関連する他のプログラムもインストールする場合は「Associate with DVD Flick Project files」にチェックを入れ、[Next]をクリックします。
※余分なインストールを避けたい場合は「Associate with DVD Flick Project files」はチェックを外しておきましょう。

デスクトップにショートカット作成

7. [Install]をクリックしてインストールを開始します。

インストール開始

8. [Next]をクリックします。

[Next]をクリック

9. すぐにDVD Flickを起動する場合は、「Run DVD Flick」にチェックを入れて[Finish]をクリックします。まだ起動しない場合は、チェックを入れずに[Finish]をクリックします。

インストール完了

これでインストールは完了です。

DVD Flickの使い方

1. DVD Flickを起動します。
2. Welcomeメッセージが表示されるので、[Close]で閉じます。

ウェルカムメッセージ

3. [Add title]をクリックして、変換したい動画ファイルを選択します。
※変換したいファイルを中央部分にドラッグ&ドロップしてもOK です。

動画ファイルの選択

4. 動画を選択した状態で[Edit title]をクリックし、動画の基本設定を行います。

動画の基本設定

General

Name:動画の名前
Target aspect ratio:動画のアスペクト比(画面の縦横比)
Thumbnail time index:サムネイルを抽出する時間

Chapters

Create chapters every:何分おきにチャプターを作成するか
Create:チャプターの数

Video Sources

ここはそのままでOKです。

Audio tracks

Track Language:動画の音声

動画に外部音声を追加したい場合は、右上の[Add]からファイルを読み込みます。対応形式は、「wma」「mp2」「mp3」「ac3」「ogg」「wav」「mpa」「flac」「aac」「mka」で、動画を指定することもできます。

Subtitles tracks

字幕を追加したい場合は、右上の[Add]からファイルを読み込みます。対応形式は、「txt」「sub」「ssa」「ass」「srt」です。

5. 基本設定が完了したら、[Accept]をクリックして設定画面を閉じます。

基本設定を閉じる

6. [Project settings]をクリックして、DVDデータの設定を行います。

DVDの基本設定

General

Title:作成するDVDのタイトル
Target size:DVDデータのサイズ
Encoder:プロセスの優先度

Video

Target format:映像の信号方式。特に理由がなければNTSCでOK
Encoding:変換速度。速度を上げると変換は早くなるが、品質は落ちる

Audio

オーディオ設定です。特に設定変更しなくても問題ありません。

Playback

After a title has finished playing:タイトルの再生が完了した時の動作

ここも特に変更しなくてもOKです。

Burning

Create ISO image:ISOファイルを作成する場合はチェック
Burn project to disc:動画をそのままDVDに焼く場合はチェック
Disc label:ディスクの名前
Drive:書き込みに使用するドライブ

「Create ISO image」と「Burn project to disc」のどちらにもチェックを入れなかった場合は、AUDIO_TSフォルダとVIDEO_TSフォルダが作成されます。

7. 設定が完了したら、[Accept]をクリックしてProject settingsを閉じます。

Project settingsを閉じる

8. [Menu Settings]をクリックして、メニュー画面の設定を行います。

メニュー画面の設定

左側からメニューのテンプレートを選択します。メニュー画面を作成しない場合は、「None」を選択します。

メニューテンプレートの選択

Auto-play-menu:メニュー画面を最初に再生
Show audio menu first:音声メニューを最初に再生
Show subtitle menu first:字幕メニューを最初に再生

[Preview]をクリックすれば、実際のメニュー画面をプレビューすることが可能です。

9. 設定が完了したら、[Accept]をクリックしてMenu Settingsを閉じます。
10. 右下の[Browse]から出力先を選択して、[Create DVD]をクリックします。
※出力先は空のフォルダを指定してください。また、日本語のフォルダもNGです。

DVDの作成

11. 「WARNING! The destination folder already exists」というメッセージが表示されるので、[Yes]をクリックします。

WARNING! The destination folder already exists

あとは変換完了まで待つだけです。

あとがき

有料のソフトを使えばもっと高度なことができるかもしれませんが、とりあえずDVDに焼ければいいという方はぜひ利用してみてください。

メニュー画面にオリジナルの背景画像が指定できたら完璧なんですけどね。フリーソフトなので文句は言えません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。