GmailとOutlookの連絡先やカレンダーを同期することができる「EVO Collaborator for Outlook」

GmailとOutlookの連絡先やカレンダーを同期することができる「EVO Collaborator for Outlook」

GmailとOutlookの連絡先やカレンダーを同期することができる「EVO Collaborator for Outlook」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVO Collaborator for Outlookは、GmailとOutlookの連絡先やカレンダーを同期させることができるOutlook用プラグインです。

EVO Collaborator for Outlookを使って、連絡帳やカレンダーを同期する方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

EVO Collaborator for Outlookの使い方

今回EVO Collaborator for Outlookをインストールした環境は、Microsoft Outlook 2010です。

1. EVOのサイトからEVO Collaborator for Outlookをダウンロードします。

EVO Collaborator for Outlook

2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックで実行します。
3. ファイルの解凍先を選択したら、インストールが開始されるので、EVO Collaborator for Outlookをインストールしてください。
4. Outlookを再起動します。
5. [EVO]というタブが追加されているので、クリックします。
6. [Configure Profile(s)]をクリックします。

Configure Profile(s)

7. Profilesで「Gmail」を選択し、Account Settingsの「Full e-mail address or Username」にGmailのアドレスを入力します。

Gmailアカウント情報の入力

8. [TEST]をクリックするとログインフォームが開くので、パスワードを入力してログインします。

パスワード入力

9. [承認する]をクリックします。

承認する

10. 「このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください」と表示されたらウインドウを閉じます。
※このコードはどこで使うのかわかりませんでしたが、一応メモしておきましょう。

このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください

11. 「Success」と表示されたら、[OK]をクリックして[Apply]をクリックしてください。

Success

これで設定完了です。あとはカレンダーや連絡帳が同期されるのを待つだけです。

同期中の項目は、[EVO]タブの「Synchronize」に表示されます。

アドレス帳やカレンダーの同期中

同期が完了したら、連絡先やカレンダーが同期されたかチェックしましょう。連絡先は「Gmail contacts」という項目が追加されます。

あとがき

連絡帳を同期することでOutlookでいちいち登録する必要がなくなりますし、カレンダーの同期で予定がメーラーにも出てきて便利です。

普段使うメーラーにOutlookを利用している方は、ぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。