Excelファイルを開く時に読み取り専用を推奨するメッセージを表示させる方法

Excelファイルを開く時に読み取り専用を推奨するメッセージを表示させる方法

Excelファイルを開く時に読み取り専用を推奨するメッセージを表示させる方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 次世代の暗号通貨投資法!初心者でも!どなたでも年利36.27% ⁉︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Excelファイルを開いた時に「’ファイル名’ を変更し、保存する必要がなければ、読み取り専用で開いてください。読み取り専用で開きますか?」というメッセージを表示させ、読み取り専用を推奨する方法を紹介します。

読み取り専用で開きますか

内容を見るだけでいい、という時は読み取り専用で開くことで、誤って上書き保存してしまうことを防げます。

スポンサードリンク

Excelファイルを開く時に読み取り専用を推奨する設定

読み取り専用を推奨させるには、ファイルを保存する時にオプションを有効にする必要があります。以下手順です。

1. [ファイル] – [名前を付けて保存]を選択します。
2. [保存]ボタンの横に[ツール]というボタンがあるので、[ツール] – [全般オプション]を選択します。

[ツール] - [全般オプション]

3. 「読み取り専用を推奨する」にチェックを入れます。

読み取り専用を推奨する

ついでに「バックアップファイルを作成する」にもチェックを入れておくと、同じフォルダにバックアップファイルを自動生成してくれます。

「読み取り専用を推奨する」にチェックを入れて保存すれば、ファイルを開く時に読み取り専用で開くようにメッセージを表示してくれるようになります。

あとがき

重要なファイルには設定しておきましょう。特に複数人で閲覧するようなファイルは、誰がオペレーションミスをしてしまうかわかりません。

少しでもセキュリティを高めておけば、無駄なミスを防ぐことができますね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。