Fireworksのスライスに一気に連番を付けてくれるコマンド

Fireworksのスライスに一気に連番を付けてくれるコマンド

Fireworksのスライスに一気に連番を付けてくれるコマンド
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fireworksで作成したスライスの名前を変更する際、スライスを選択して名前を変更、スライスを選択して名前を変更・・・というように、今までは1つ1つ名前の変更を行っていました。

スライスの数が多くなるとかなりの手間で、面倒だなーと思っていたところ、スライスに一気に連番を付けてくれるコマンドを見つけました。便利すぎて泣けてきます。過去の自分に教えてあげたい・・・

そんなわけで、コマンドの導入手順と使い方をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

コマンドのダウンロードとインストール

コマンドファイルはピクセルラボさんで配布されています。このコマンドファイルには、連番を付けてくれるものだけでなく、非常にたくさんのコマンドが収録されています。

オリジナルツール / Fireworks用オリジナルコマンド(jsf)一覧」で、各コマンドの説明が書かれています。記事の一番下にファイルのダウンロードボタンが設置されていますので、クリックしてファイルをダウンロードしましょう。

コマンドのダウンロードボタン

ファイルをダウンロードしたら、Adobe Extension Managerを起動して、[インストール]からPI_fireworks_commands.mxpを選択してコマンドをインストールします。

コマンドのインストール

連番付与コマンドの使い方

Fireworksでスライスしたら、連番を付けたいスライスを選択します。

スライスの選択

[コマンド] – [40_slice_nambering]をクリックします。

連番コマンドの実行

連番の前に入れるファイル名を入力して[OK]をクリックします。今回は「cont_」にしました。

ファイル名の入力

最初の数字を入力して[OK]をクリックします。

最初の数字

「cont_01」「cont_02」「cont_03」というように、一瞬でスライスの名前が変更されました。

スライスに連番が付与された

あとがき

他にも色んなコマンドが収録されているので、ピクセルラボさんの説明を見ながら色々試してみましょう。

ところで”nambering”はスペルミスですかね^^;

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。