Fireworksにコマンドを手動で追加する方法

Fireworksにコマンドを手動で追加する方法

Fireworksにコマンドを手動で追加する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ドメイン無制限・WordPressが使える格安サーバー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fireworksに「スライスに一気に連番を付けてくれるコマンド」を追加しようと思ったのですが、Windows10ではCS6のExtension Managerが正常に動作しなくて、コマンドを追加することができませんでした。

そこで、他の環境に追加しているコマンドをコピーして手動で追加することにしましたので、その手順を備忘録として残しておきたいと思います。

スポンサードリンク

Fireworksにコマンドを手動で追加する方法

まずはコマンドを追加している環境で、以下いずれかのフォルダ内から対象コマンドの.jsfファイルをコピーしてきます。

C:\Program Files (x86)\Adobe\Adobe Fireworks CS6\Configuration\Commands
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Adobe\Fireworks CS6\Commands

上記のどちらかにコマンドのファイルは入っています。Extension Managerで追加した場合は、Program Files配下のフォルダにあると思います。

あとは、コピーした.jsfファイルをコマンドを追加したい環境で、同じフォルダに追加してあげるだけです。ファイルを入れるフォルダは上記どちらでも構いません。今回はスライスに連番を付けてくれるコマンドだけを入れたかったので、40_slice_nambering.jsfをリネームして追加しました。

ファイルをコピーしてFireworksを起動してみると、無事コマンドが追加されていました。

Fireworksに追加されたコマンド

あとがき

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Adobe\Fireworks CS6\Commandsの方にファイルを追加すると、コマンドメニューの一番下に追加されるので、そちらの方がわかりやすいかもですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。