Sublime Textにインストールしたパッケージ(プラグイン)を削除する手順

Sublime Textにインストールしたパッケージ(プラグイン)を削除する手順

Sublime Textにインストールしたパッケージ(プラグイン)を削除する手順
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々なパッケージをインストールしてカスタマイズすることが可能なSublime Textですが、インストールしたパッケージが必要なくなることもあると思います。

そんな時のために、一度インストールしたパッケージを削除する手順を紹介したいと思います。Sublime Textのバージョンは、2でも3でも手順は同じです。

スポンサードリンク

Package Controlをインストールしている場合

Package Controlをインストールしている場合は、以下の手順でパッケージを削除することができます。Package Controlのインストール手順については、こちらの記事をご参照いただければと思います。

1. Sublime Textを開きます。
2. Ctrl+Shift+Pでコマンドパレットを呼び出します。
3. Package Control: Remove Packageと入力して、表示されたRemove Packageを実行します。

Package Control: Remove Package

4. インストールしているパッケージの一覧が表示されるので、削除したいパッケージをクリックします。

インストールしているパッケージの一覧

これで選択したパッケージのアンインストールが実行されます。

Package Controlをインストールしていない場合

Package Controlをインストールしていない場合は、Packagesフォルダ内にある該当パッケージのフォルダを削除するだけでOKです。

インストールしているパッケージのデータは、以下のフォルダにあるので、パッケージと同じ名前のフォルダを削除します。

Sublime Text 2 ⇒ C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Sublime Text 2\Packages
Sublime Text 3 ⇒ C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages

Packagesフォルダは、Sublime Textの[基本設定] – [Packagesフォルダ]からも開くことができます。

[基本設定] - [Packagesフォルダ]

なお、AppDataは隠しフォルダなので、フォルダが表示されていない場合は[コントロールパネル] – [フォルダオプション]の[表示]タブで、「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れる必要があります。

あとがき

パッケージの削除手順がわかっていれば、今まで以上に手軽にパッケージを試すことができますね。

Sublime Textを使い始めた頃は、パッケージの削除方法がわからなかったので、最近使い始めた方の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。