Windows10の高速スタートアップ機能を無効化する方法

Windows10の高速スタートアップ機能を無効化する方法

Windows10の高速スタートアップ機能を無効化する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows8以降ではPCを素早く起動するために、「高速スタートアップ」という機能が搭載されています。高速スタートアップが有効になっていると、起動が本当に早くてとてもうれしい機能です。

ですが、この高速スタートアップが邪魔をして、PCの調子が悪くなったり、パーツの交換がスムーズにいかない場合があります。そんな時のために、高速スタートアップを無効化する方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

Windows10の高速スタートアップを常に無効にする方法

高速スタートアップを常に無効化する方法をご紹介いたします。一時的に無効化したい場合は、後述する内容をご参照ください。

1. まずは、管理者権限のあるユーザーでPCにログインします。
2. [スタート]ボタンを右クリックして、[コントロールパネル]にアクセスします。

コントロールパネル

3. [電源オプション]を開きます。

電源オプション

4. [電源ボタンの動作を選択する]を開きます。

電源ボタンの動作を選択する

5. 「現在利用可能ではない設定を変更します」と書かれている箇所をクリックします。

現在利用可能ではない設定を変更します

6. シャットダウン設定の中にある「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外します。

高速スタートアップを有効にする

7. [変更の保存]をクリックして設定内容を保存すれば完了です。

Windows Update等で設定が元に戻る可能性もありますので、アップデート実施後は設定を確認するようにしてください。

Windows10の高速スタートアップを一時的に無効にする方法

高速スタートアップを一時的に無効化する手順をご紹介いたします。

高速スタートアップを一時的に無効にする方法は非常に簡単です。スタートメニューから[電源]を選択し、[Shift]を押しながらシャットダウンします。

シャットダウン

この方法でシャットダウンすると、高速スタートアップが一時的に無効化された状態でシャットダウンされます。

また、コマンドプロンプトを管理者として開いて、「shutdown /s /f /t 0」を実行しても同じ結果が得られます。

shutdown /s /f /t 0

あとがき

特に理由がない場合は、高速スタートアップは有効にしたおいた方が良いです。

PCの調子が悪くなったり、パーツを交換するなどの理由で、高速スタートアップを無効化する必要がある場合は、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。