WEBサイトのキャッシュを.htaccessで制御する方法

WEBサイトのキャッシュを.htaccessで制御する方法

WEBサイトのキャッシュを.htaccessで制御する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBサイトの表示速度を高速化させるために、必須といってもいいキャッシュ機能。WordPressだったら色んなキャッシュ系プラグインが存在しているので、簡単に対応できますが、通常のWEBサイトでは自分でキャッシュの設定をしなければいけません。WordPressサイトでもプラグインを使いたくない場合は、自分で設定します。

今回は、.htaccessを使ってWEBサイトのキャッシュを制御する方法を紹介したいと思います。.htaccessとはいっても、プログラミングの知識は必要なく、コピペでキャッシュの設定ができるので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

キャッシュとは

キャッシュとは、ざっくり説明すると記憶です。

表示したWEBページの情報(画像など)を一時的にブラウザに保存しておいて、次回アクセスした時にインターネット上からロードせずに保存した情報を参照します。このとき、一時的に保存した情報のことをキャッシュといいます。

インターネット上ではなくローカルの情報を参照するので、その分WEBページの表示速度が高速化されるというわけです。

キャッシュを.htaccessで制御する

キャッシュを制御するには、以下のコードを.htaccessに追記します。追加するコードは、たったのこれだけです。

.htaccess
<Files ~ ".(jpe?g|png|ico|gif|js|css|gz)$">
Header set Cache-Control "max-age=2592000"
</Files>

1行目でファイルの種類を指定しています。|(パイプライン)でキャッシュさせたいファイルの拡張子を追加しましょう。

2行目でキャッシュさせる期間を指定しています。max-ageの値を変更することで、期間を短くしたり長くしたりすることができます。値は秒数で指定するので、2592000は30日間(60*60*24*30)です。

あとがき

コピペでそのまま使えるので、キャッシュを設定していなかったらぜひお試しください。WEBサイトの表示速度改善に役立ちます。

なお、.htaccessを編集する際は、必ずバックアップを取ってから実施してください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。