XAMPP(ローカル環境)からのメール送信を可能にする手順

XAMPP(ローカル環境)からのメール送信を可能にする手順

XAMPP(ローカル環境)からのメール送信を可能にする手順
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 次世代の暗号通貨投資法!初心者でも!どなたでも年利36.27% ⁉︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローカルのテスト環境でもフォームが使えたらなーと思って、XAMPPで設定をしてみました。

結構簡単にできたので、XAMPPでメール送信を可能にするための手順を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

php.iniの設定

まずは、C:\xampp\php配下にあるphp.iniをテキストエディタで開きます。

以下の部分を探して、先頭のセミコロンを削除します。

php.ini
sendmail_path = "\"C:\xampp\sendmail\sendmail.exe\" -t"

そのすぐ下にある、以下の行の先頭にセミコロンをつけて、コメントアウトします。

php.ini
sendmail_path="C:\xampp\mailtodisk\mailtodisk.exe"

以下のようになればOKです。

php.ini
sendmail_path = "\"C:\xampp\sendmail\sendmail.exe\" -t"
;sendmail_path="C:\xampp\mailtodisk\mailtodisk.exe"

php.iniの編集はこれで完了です。

sendmail.iniの設定

C:\xampp\sendmail配下にあるsendmail.iniをテキストエディタで開きます。

「smtp_server」を探して、以下のようにSMTPサーバーを入力します。

sendmail.ini
smtp_server=smtp.mail.yahoo.co.jp

今回はYahooメールで設定してみました。よくGmailで設定する方法が紹介されていますが、Gmailでは外部からのアクセスに制限がかかっていて、うまくメール送信することができませんでした。

続いて「smtp_port」を587にします。

sendmail.ini
smtp_port=587

「auth_username」と「auth_password」にYahooアカウントのユーザー名・パスワードを設定します。

sendmail.ini
auth_username=yourusername
auth_password=yourpassword

「force_sender」にYahooのメールアドレスを入れます。

sendmail.ini
force_sender=youraccount@yahoo.co.jp

最終的に以下のようになっていればOKです。

sendmail.ini
smtp_server=smtp.mail.yahoo.co.jp
smtp_port=587
auth_username=yourusername
auth_password=yourpassword
force_sender=youraccount@yahoo.co.jp

ここまでできたら、設定は完了です。最後にApacheを再起動します。

あとがき

いかがでしたでしょうか。やってみると、意外にアッサリとメール送信できちゃいます。

ローカル環境でメール送信のテストも行いたい場合に、ぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。