YDNとGDNに出稿できるバナー広告のサイズ一覧

YDNとGDNに出稿できるバナー広告のサイズ一覧

YDNとGDNに出稿できるバナー広告のサイズ一覧
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 次世代の暗号通貨投資法!初心者でも!どなたでも年利36.27% ⁉︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YDN(Yahooディスプレイアドネットワーク)とGDN(Googleディスプレイネットワーク)に出稿できるバナー広告のサイズ一覧です。

これからディスプレイ広告を出稿しようと考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

YDNとGDNに出稿できるバナー広告のサイズ一覧

単位はpxで、括弧書きがないものはすべてPC用の広告サイズです。

YDN
  • 300*250(PC/スマホ)
  • 468*60
  • 160*600
  • 728*90
  • 320*50(スマホ)
  • 320*100(スマホ)
  • 300*300(インフィード広告)
  • 1200*628(インフィード広告)
GDN
  • 300*250(PC/スマホ)
  • 468*60
  • 160*600
  • 728*90
  • 320*50(スマホ)
  • 320*100(スマホ)
  • 125*125(PC/スマホ)
  • 180*150(PC/スマホ)
  • 200*200
  • 234*60
  • 250*250(PC/スマホ)
  • 336*280
  • 120*600
  • 120*240(PC/スマホ)
  • 300*600
  • 300*1050
  • 970*90
  • 970*250

あとがき

GDNの方が圧倒的に種類が多いですね。ちなみにFacebookは1200*628です。

すべてのサイズのバナーを作成するのは非常に面倒ですが、なるべく全パターンを作成した方が色んな表現ができ有利に働きます。私がディスプレイ広告の代理運用をする際は、YDN用のバナーのみ揃えます。GDNと共通で使えますからね。GDNにしかないサイズまでは準備しません^^;

バナー制作に予算も時間も全くかけられない場合は、最悪300*250のバナーを作成しておけば、YDN・GDNをカバーできPCにもスマホにも対応できます。もしくは、ココナラなどのクラウドソーシングで依頼すれば、比較的安価に作成することが可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。