Wayback Machineに手動でサイトをアーカイブさせる方法

Wayback Machineに手動でサイトをアーカイブさせる方法

Wayback Machineに手動でサイトをアーカイブさせる方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトの過去の状態をチェックすることができるWayback Machine。Wayback Machineでは、URLを入力するだけで、そのサイトの過去の状態を閲覧することができます。昔はこういうデザインだったんだとか、色んなサイトを見てみると結構面白いです。

Wayback Machineは自動的にサイトの情報をアーカイブしてくれますが、今回は手動でサイトをアーカイブする方法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

Wayback Machineに手動でサイトをアーカイブさせる方法

Wayback Machineにアクセスして、「Save Page Now」のところにURLを入力します。

Save Page Now

[SAVE PAGE]をクリックすると、アーカイブが開始されます。

SAVE PAGE

しばらく待つとアーカイブ完了です。

アーカイブ完了

あとがき

私は新しいドメインを取得する時に活用しています。取得しようとしているドメイン名で検索して、過去に運用されたことがあるドメインかどうかをチェックしています。

ちなみに、robots.txtに以下を記述することで、アーカイブを拒否することもできます。

robots.txt
User-agent: ia_archiver
Disallow: /

そのため、必ずしもアーカイブされているわけではありません。

過去に運用されていたかどうかを100%見極めることはできませんが、わざわざアーカイブを拒否しているサイトはそんなに多くないと思いますし、参考にはなるので毎回調べてからドメイン取得するようにしています。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。