きゃわわ♪本物の猫が入力した文字を作ってくれるサービス「ねこフォント」

きゃわわ♪本物の猫が入力した文字を作ってくれるサービス「ねこフォント」

きゃわわ♪本物の猫が入力した文字を作ってくれるサービス「ねこフォント」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 次世代の暗号通貨投資法!初心者でも!どなたでも年利36.27% ⁉︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人的には刺さりまくりなWEBサービスのご紹介です。

「ねこフォント」は本物の猫がフォントになって入力した文字を作ってくれるWEBサービスです。

以下の画像は当ブログのタイトル「TECHMEMO」で作成した猫文字です。

nekofont2

こんな感じで本物の猫ちゃんが文字を作ってくれます。かわいいよ~

スポンサードリンク

ねこフォントの使い方

1. ねこフォントにアクセスします。
2. フォームに文字を入力します。

nekofont1

3. [作成]をクリックすると埋め込み用のコードが生成されます。

埋め込みコード

上がJavascriptのコード、下がHTMLになっているので、環境に合わせてどちらかをサイトに貼り付けましょう。

注意事項

日本語はダメ

日本語はダメだそうです。日本語で作成しようとすると、500エラーになります。

さらにSNSでも活用できる

SNS用にアクセスすると、自分のサイトの紹介ページを作成することができます。

nekofont_sns

タイトル(日本語可):ページに表示するタイトルを入力します。
ねこ文字①:SNSに投稿した時に表示される画像の文字を指定します。
ねこ文字②:紹介ページにアクセスした時に表示される画像の文字を指定します。
リンク先:自分のサイトのURLを入力します。

説明文:SNSに投稿した時に表示される説明文を入力します。

各項目を入力して[作成]をクリックすると、URLが生成されます。生成されたURLを例えばFacebookに投稿すると、以下のように表示されます。

nekofont_facebook

このURLにアクセスすると以下のようなページが表示されて、10秒経つと「リンク先」で指定したURLにリダイレクトされます。

nekofont_facebook1

あとがき

“H”と”M”が見分けにくかったりしますが、猫関連サイトのタイトルに使ったり、ちょっとしたアクセントにも活用できそうです。何より、かわいいです。

フォント作成のためにペット写真の一般募集も行っているので、犬とかもリリースされるかもしれませんね。自分のペットをフォントにしてほしい人は写真を送ってみましょう。

ちなみにサイト内で簡易的な猫ブログも書かれています。2012年6月で更新止まってますが・・・猫好きなら画像だけでも見る価値ありです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。