クラウド上にWordPressなどの様々な開発環境を構築できるWEBサービス「Cloud9」

クラウド上にWordPressなどの様々な開発環境を構築できるWEBサービス「Cloud9」

クラウド上にWordPressなどの様々な開発環境を構築できるWEBサービス「Cloud9」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Cloud9は、WordPressなどの開発環境をクラウド上に構築することができるWEBサービスです。

今回は、Cloud9の登録からWordPressを動作させるまでの手順を解説したいと思います。

スポンサードリンク

Cloud9への登録

まずはCloud9の登録手順を紹介いたします。

1. Cloud9にアクセスします。
2. メールアドレスを入力して、[Sign Up]をクリックします。

メールアドレスの登録

3. 名前を入力して、[Next]をクリックします。

名前の入力

4. ユーザー名を入力して、[Next]をクリックします。

ユーザー名の入力

5. Cloud9を使用する目的を選択して、[Next]をクリックします。

目的の選択

6. 入力した内容を確認して、[Next]をクリックします。

入力内容の確認

7. Captchaにチェックを入れて、[Create account]をクリックします。

アカウント登録

ワークスペースの作成

開発環境はワークスペースと呼ばれる領域に作成していきます。アカウント登録が完了すると、ダッシュボードが表示されるので、WordPress用のワークスペースを追加します。

1. [Create a new workspace]をクリックします。

Create a new workspace

2. ワークスペース名と説明を入力します。

ワークスペース名と説明

3. 公開か非公開を選択します。無料アカウントでは非公開のワークスペースは1つしか作成できないので、今回はPublic(公開)を選択します。

公開・非公開の設定

4. テンプレートを選択して、[Create workspace]をクリックします。今回選択するテンプレートはWordPressです。

テンプレートの選択

WordPressの構築

ワークスペースの作成が完了したら、WordPressを構築していきます。

1. 上の方にある[Run Project]をクリックします。

プロジェクトの実行

2. 下部のコンソールに「Started apache2」と出るまで待ちます。

Started apache2

3. [Preview] – [Preview Running Application]を選択します。

Preview Running Application

4. 右側に表示されるプレビュー画面で「日本語」を選択して、[続ける]をクリックします。

言語の選択

5. WordPressサイトのタイトルやユーザー名などを入力して、[WordPressをインストール]をクリックします。

WordPressのインストール

6. 「WordPress をインストールしました」と表示されればインストール完了です。[ログイン]をクリックして、WordPressにログインしましょう。

WordPressのインストール完了

開発環境のURLは、「https://ワークスペース名-ユーザー名.c9users.io/」のようなアドレスになります。

ファイルの変更や追加

Cloud9のダッシュボードから、作成したワークスペースを開くと、左側にファイルの一覧が表示されます。

変更したいファイルがある場合は、ファイル名をダブルクリックすると右側に中身が表示されるので、テキストエディタを使う要領で編集します。保存したい時は、[Ctrl]+Sで保存されます。

ファイルの変更

ファイルやフォルダを追加したい時は、単純に追加したいフォルダの上にドラッグ&ドロップすればOKです。

ファイルやフォルダを削除する時は、ファイルもしくはフォルダ名を右クリックして[Delete]を選択します。

ファイル/フォルダの削除

あとがき

実際にやってみると、非常に簡単に開発環境が構築できちゃいます。

クラウド上に構築するので、ローカルの開発環境と違って、どこからでもアクセスできるのが良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。