レスポンシブサイトの表示確認がサクッとできるWEBサービス「Demonstrating Responsive Design」

レスポンシブサイトの表示確認がサクッとできるWEBサービス「Demonstrating Responsive Design」

スポンサードリンク
レスポンシブサイトの表示確認がサクッとできるWEBサービス「Demonstrating Responsive Design」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 大量にアクセスを呼び込みザクザク稼げてしまう21世紀最強の無料ツールを発見!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Demonstrating Responsive Designは、レスポンシブウェブデザインのサイトの表示確認が、サクッと行えるWEBサービスです。

似たようなサービスは、ScreenflyResponsive Viewなど色々とありますが、Demonstrating Responsive Designは軽くて使いやすいです。

Demonstrating Responsive Designの使い方

Demonstrating Responsive Designにアクセスして、URLを入力するだけです。

Demonstrating Responsive Designの使い方

[View]をクリックすると、サイトが表示されます。

上部にあるデバイスをクリックすると、表示領域の大きさが切り替わります。

デバイスの切り替え

あとがき

ユーザーエージェントを変更しているわけではなく、あくまで表示する幅が変わっているだけみたいです。そのため、レスポンシブ対応のサイトでは問題ありませんが、ユーザーエージェントによって表示を切り替えているサイトではうまくプレビューすることができません。

非常に軽くて使いやすいので、レスポンシブ対応のサイトを制作している時に、ぜひチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。