簡単にテキストの差分がチェックできるWEBサービス「Diff Checker」

簡単にテキストの差分がチェックできるWEBサービス「Diff Checker」

簡単にテキストの差分がチェックできるWEBサービス「Diff Checker」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Diff Checkerは、テキストデータを比較して、差分をわかりやすく表示してくれるWEBサービスです。

使い方も非常にシンプルで、比較したいテキストを入力するだけです。入力だけでなく、ファイルのロードにも対応しています。

スポンサードリンク

Diff Checkerの使い方

1. Diff Checkerにアクセスします。
2. 「ORIGINAL TEXT」にオリジナルのテキストデータを入れます。
※ファイルをロードすることもできます。

オリジナルテキスト

3. 「CHANGED TEXT」に変更後のテキストデータを入れます。

変更後テキストデータ

4. [Find Difference!]をクリックします。

Find Difference

見つかったテキストの差分を以下のようにハイライトで表示してくれます。なお、日本語にも対応しています。

差分をハイライト表示

あとがき

日本語にも対応しているのはうれしいですね。プログラミングをやる時とかに役立ちそうです。

ファイルのロードもできるので、いちいちテキストを選択してコピペしなくていいのも楽でいいと思います。

プログラミングを練習している方などは、うまく動かないときに試してみてはいかがでしょうか。関数などのスペルが間違っているのもすぐに見つかりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。