Flexboxを使ったレイアウトが直感的に作成できるWEBサービス「Flexible Boxes」

Flexboxを使ったレイアウトが直感的に作成できるWEBサービス「Flexible Boxes」

Flexboxを使ったレイアウトが直感的に作成できるWEBサービス「Flexible Boxes」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 年間$149ドルで10万点以上の映像素材をダウンロードし放題!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Flexible Boxesは、Flexboxを使ったレイアウトを作成することができるWEBサービスです。

プレビューで視覚的に確認しながら、レイアウトを作成することができます。

スポンサードリンク

Flexible Boxesの使い方

Flexible Boxesにアクセスして、「PRESETS」でベースとなるレイアウトを選択します。

Flexible Boxesにアクセスして、「PRESETS」でベースとなるレイアウトを選択します。

SIMPLE 1カラムのシンプルなレイアウト
CENTERED 画面の中央に要素を配置
HOLY GRAIL 両サイドにサイドバーがある3カラム

領域を追加したり削除したりするのは、「DOM」で操作します。

領域を追加したり削除したりするのは、「DOM」で操作します。

「DOM」で領域を選択すると、右側の「AFFECTS CHILD BOXES」や「AFFECTS THIS BOX」が有効になります。ここで、要素の配置などを設定します。

要素の配置などを設定

レイアウトの作成が完了したら、HTMLとCSSをコピーして利用します。

レイアウトの作成が完了したら、HTMLとCSSをコピーして利用します。

あとがき

直感的な操作でレイアウトが作成できて便利です。複雑なレイアウトも迷うことなく作成できますね。

設定を色々と変更して動作を確認することで、Flexboxの勉強にもなります。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。