AMPの有効性をチェックすることができるGoogleのWEBサービス「AMPテスト」

AMPの有効性をチェックすることができるGoogleのWEBサービス「AMPテスト」

スポンサードリンク
AMPの有効性をチェックすることができるGoogleのWEBサービス「AMPテスト」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 月額費用0円!格安ホームページ制作ならアットウェブへおまかせ♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AMPテストは、AMPページの有効性をチェックすることができるツールです。Googleが提供しています。

AMPテストの使い方

AMPテストにアクセスして、AMPページのURLを入力するだけです。通常の記事のURLではなく、AMPページのURL(http://hogehoge.com/entry1/amp/など)を入力する必要がありますのでご注意ください。

AMPページURLの入力

URLを入力すると、reCAPTCHAが表示されるので、チェックを入れて進みます。

reCAPTCHA

分析が完了すると、結果が表示されます。今回は、海外SEO情報ブログさんで試してみました。

AMPの有効性OK

さすがです!このように「有効なAMPページです」と出れば、ちゃんとAMP対応できているということになります。

問題がある場合は、以下のように「有効なAMPページではありません」と表示され、問題のある箇所を教えてくれます。

AMPエラー

あとがき

AMPテストはGoogle提供のツールなので信頼感がありますね。

サイトをAMPに対応させたら、まずはAMPテストで有効性をチェックしてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。