知識がなくても思った通りの.htaccessを作成することができるWEBサービス「.htaccess Editor」

知識がなくても思った通りの.htaccessを作成することができるWEBサービス「.htaccess Editor」

知識がなくても思った通りの.htaccessを作成することができるWEBサービス「.htaccess Editor」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 次世代の暗号通貨投資法!初心者でも!どなたでも年利36.27% ⁉︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.htaccess Editorは、簡単な操作で.htaccessを生成することができるWEBサービスです。

制限したい項目をWEB上で設定していくだけでいいので、知識がなくても.htaccessを作成することができます。

スポンサードリンク

.htaccessとは

IT用語辞典によると、以下のように定義されています。

ApacheなどのWebサーバで使用できる、Webサーバの動作をディレクトリ単位で制御するためのファイル。

具体的には、CGIやSSIなどを実行するための宣言(命令)や、拡張子ごとにファイルタイプを指定するMIMEタイプの設定、ユーザ認証、IPアドレスやドメイン単位でのアクセス制限などを書き込むことができる。

カッチリした説明をするとこういうことなんですが、要はリダイレクトや認証など、訪問者のアクセスを制限するためのファイルのことです。

.htaccess Editorの使い方

.htaccess Editorの使い方は、以下の通りです。

1. .htaccess Editorにアクセスします。
2. 設定項目で制限したいことを設定していきます。

.htaccessの設定

3. 生成されたコードを.htaccessファイルにコピーします。

生成されたコードを.htaccessファイルにコピー

例えば、当ブログでURLの正規化を行うために、WWWありのURLにアクセスできないようにするには、「WWWあり・なし統一」の項目でWWWなしのURLを入力します。

WWWあり・なしの統一

すると、リアルタイムで以下のようなコードが生成されます。

<Files ~ "^\.(htaccess|htpasswd)$">
deny from all
</Files>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.princesswell\.rocketserver\.jp)(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*) http://techmemo.biz/$1 [R=301,L]
order deny,allow

あとは、これを.htaccessにコピーするだけです。

注意点

.htaccessは、設定を間違えるとサイトにアクセスできなくなってしまいますので、ファイルを変更する際は必ずバックアップを取ってから作業してください。

サイトにアクセスできなくなっても、慌てずに元のファイルに戻せばアクセスできるようになります。

あとがき

面倒な作業がサクッとできて便利ですね。これなら知識がなくても、思った通りの制限に設定できるので、ぜひ試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。