HTTPステータスコードを調べることができる「HTTP Header Response Status Codes Check Tool」

HTTPステータスコードを調べることができる「HTTP Header Response Status Codes Check Tool」

HTTPステータスコードを調べることができる「HTTP Header Response Status Codes Check Tool」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HTTP Header Response Status Codes Check Toolは、入力したURLのHTTPステータスコードを調べることができるWEBサービスです。

HTTPステータスコードとは、HTTP通信においてWEBサーバーからの応答内容を示す3桁のコードのことです。

例えば、HTTPステータスコードが200ならリクエスト・レスポンスともに正常であることを意味し、500なら何らかのミスによってWEBサーバーが応答できないことを意味します。HTTPステータスコードの詳細については後述します。

スポンサードリンク

HTTP Header Response Status Codes Check Toolの使い方

HTTP Header Response Status Codes Check Toolにアクセスして、確認したいページのURLをフォームに入力します。

URLの入力

[Check]をクリックすると、結果が表示されます。

HTTPステータスコードの結果

HTTPステータスコードの詳細

HTTPステータスコードは、大まかに分けると5つに分類されます。

100番台 : 処理中
200番台 : 成功
300番台 : リダイレクト
400番台 : クライアントエラー
500番台 : サーバーエラー

各ステータスコードの詳細については、以下の通りです。

ステータスコード ステータスコードの意味
100 Continue 継続。サーバーがリクエストを受け取り、まだ拒否していないことを示します。
101 Switching Protocols プロトコルの切り替え。サーバーがリクエストのためにプロトコルの切替えを要求している状態です。
102 Processing 処理中。処理が継続して実行されていることを示します。
200 OK OK。リクエストに成功して、リクエストに応じた情報が返されます。このページを正常に閲覧できているということは、200が返されています。
201 Created 作成。リクエストが完了し、新たに作成されたリソースが返されます。
202 Accepted 受理。リクエストは受理されていますが、処理が完了していない状態です。
203 Non-Authoritative Information 信頼できない情報。オリジナルデータではなく、ローカルやプロキシ等からの情報であることを示します。
204 No Content 内容なし。リクエストは受理できたけど、返すべき内容が存在しないことを示します。
205 Reset Content 内容のリセット。リクエストを受理し、ユーザエージェントの画面をリセットする場合に返されます。
206 Partial Content 部分的内容。部分的GETリクエスト(分割ダウンロードなど)を受理したときに返されます。
207 Multi-Status 複数のステータス。WebDAVの拡張ステータスコードです。
226 IM Used IM使用。Delta encoding in HTTPの拡張ステータスコードです。
300 Multiple Choices 複数の選択。リクエストしたリソースが複数存在し、ユーザーやユーザーエージェントに選択肢を提示するときに返されます。
301 Moved Permanently 恒久的な移動。リクエストしたリソースが恒久的に移動されているときに返されます。
302 Found 一時的な移動。リクエストしたリソースが一時的に移動されているときに返されます。
303 See Other 他を参照。リクエストに対するレスポンスが他のURLに存在するときに返されます。
304 Not Modified 未更新。リクエストしたリソースが更新されていないことを示します。
305 Use Proxy プロキシを使用。Locationヘッダに示されているプロキシを使用しなければいけないことを示します。
306 (Unused) 予約。前のバージョンでは使われていましたが、現在は使われていません。将来のために予約されています。
307 Temporary Redirect 一時的リダイレクト。リクエストしたリソースが一時的に移動されているときに返されます。302の規格外な使用法が横行したため、302の本来の使用法を改めて定義したものです。
400 Bad Request 不正なリクエスト。クライアントのリクエストがおかしい場合に返されます。
401 Unauthorized 認証が必要。Basic認証やDigest認証などを行うときに使用されます。
402 Payment Required 支払いが必要。現在は実装されておらず、将来のために予約されています。
403 Forbidden 禁止。リソースにアクセスすることを拒否されたことを示します。
404 Not Found 未検出。リソースが見つからなかったことを示します。
405 Method Not Allowed 許可されていないメソッド。許可されていないメソッドを使用しようとした時に返されます。
406 Not Acceptable 受理不可。Accept関連のヘッダに受理できない内容が含まれている場合に返されます。
407 Proxy Authentication Required プロキシ認証が必要。プロキシの認証が必要な場合に返されます。
408 Request Timeout リクエストタイムアウト。リクエストが時間以内に完了していない場合に返されます。
409 Conflict 矛盾。要求が現在のリソースと矛盾するので完了出来ないことを示します。
410 Gone 消滅。ファイルが恒久的に移動したことを示します。どこに移動したのかわからない状態です。
411 Length Required 長さが必要。Content-Lengthヘッダがないので、サーバーがアクセスを拒否したことを示します。
412 Precondition Failed 前提条件で失敗。前提条件が偽だった場合に返されます。
413 Request Entity Too Large リクエストエンティティが大きすぎる。リクエストエンティティがサーバーの許容範囲を超えている場合に返します。
414 Request-URI Too Long リクエストURIが大きすぎる。URIが長過ぎるのでサーバが処理を拒否したことを示します。
415 Unsupported Media Type サポートしていないメディアタイプ。指定されたメディアタイプがサーバーでサポートされていない場合に返します。
416 Requested Range Not Satisfiable リクエストしたレンジが範囲外。実ファイルのサイズを超えるデータを要求した場合に返します。
417 Expectation Failed Expectヘッダによる拡張が失敗。その拡張がレスポンスできない、もしくはプロキシサーバーが次に到達するサーバーがレスポンスできないと判断している状態です。
418 I’m a teapot HTCPCP/1.0の拡張ステータスコードです。
422 Unprocessable Entity 処理できないエンティティ。WebDAVの拡張ステータスコードです。
423 Locked ロック。WebDAVの拡張ステータスコードです。
424 Failed Dependency 依存関係で失敗。WebDAVの拡張ステータスコードです。
426 Upgrade Required アップグレード要求。Upgrading to TLS Within HTTP/1.1の拡張ステータスコードです。
500 Internal Server Error サーバー内部エラー。サーバー内部にエラーが発生した場合に返されます。
501 Not Implemented 未実装。実装されていないメソッドを使用したことを示します。
502 Bad Gateway 不正なゲートウェイ。ゲートウェイ・プロキシサーバーが不正な要求を受け取り、これを拒否したことを示します。
503 Service Unavailable サービス利用不可。サービスが一時的に過負荷やメンテナンスで使用不可能な状態であることを示します。
504 Gateway Timeout ゲートウェイタイムアウト。ゲートウェイ・プロキシサーバーが、URIから推測されるサーバーからの適切なレスポンスがなくタイムアウトしたことを示します。
505 HTTP Version Not Supported サポートしていないHTTPバージョン。リクエストがサポートされていないHTTPバージョンである場合に返されます。
506 Variant Also Negotiates Transparent Content Negotiation in HTTPで定義されている拡張ステータスコードです。
507 Insufficient Storage 容量不足。リクエストを処理するために必要なストレージの容量が足りない場合に返されます。
509 Bandwidth Limit Exceeded 帯域幅制限超過。サーバーに設定されている帯域幅(転送量)を使い切った場合に返されます。
510 Not Extended 拡張できない。An HTTP Extension Frameworkで定義されている拡張ステータスコードです。

参考:Wikipedia

あとがき

ステータスコードを簡単に調べることができるので、サイトが表示できない場合の原因を突き止める時に役立ちますね。

ちなみに、WebDAVというのは、HTTPを拡張し、クライアント(ブラウザ)からサーバー上のファイルやフォルダを管理できるようにした仕様のことです。

従来のHTTPは、サーバーが公開しているファイルをブラウザへ送信するためのプロトコルでした。WebDAVは、これを拡張して、クライアント側で作成された文書をサーバーに送信、サーバー上のファイルやフォルダの一覧の取得、ファイル・フォルダの複製・移動・削除などが行えるようになっています。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。