異なるサービス間でも手軽に共有フォルダが作成できる「iBeam.it」

異なるサービス間でも手軽に共有フォルダが作成できる「iBeam.it」

異なるサービス間でも手軽に共有フォルダが作成できる「iBeam.it」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます!今年一発目の投稿です。

当ブログは2012年から始めたまだまだ新しいブログですが、たくさんの方に読んでもらえてうれしく思っています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

本年一発目の投稿は、異なるサービス間でも手軽に共有フォルダが作成できるWEBサービスのご紹介です。

iBeam.itは、色んなストレージサービスやSNSに対応した共有フォルダが簡単に作成できるWEBサービスです。

通常は、同じストレージサービスを使っているユーザー同士で共有フォルダが作成できますが、iBeam.itを使えば異なるサービスを利用していても共有フォルダが作成することができます。

スポンサードリンク

iBeam.itの使い方

1. [iBeam.it]をクリックします。

iBeam.it

2. 共有したいフォルダがあるサービスを選択します。

Create it

3. 共有するフォルダを選択して、[Create Beam]をクリックします。

Create it

4. 作成された共有リンクをコピーして、共有したい相手に知らせます。

共有リンク

5. 共有リンクを受け取った相手は、共有リンクにアクセスします。
6. 共有リンクにアクセスしたら、[Click here]をクリックします。

Click here

7. ファイルを受け取りたいサービスを選択します。

ファイルを受け取るサービス

8. ファイルを受け取るフォルダを選択して、[follow BEAM now]をクリックします。

受け取りフォルダの選択

ここまで設定できたら、共有の完了です。受け取りフォルダを確認してみましょう。

対応しているサービス

iBeam.itが対応しているサービスは以下の通りです。

共有元のサービス
  • Dropbox
  • Google Drive
  • Facebook
  • Instagram
  • Flickr
受け取り側サービス
  • Dropbox
  • Google Drive
  • Evernote
  • Email
  • Picasa
  • Flickr
  • Facebook
  • FB Pages
  • Twitter
  • Skydrive
  • Box
  • Sugarsync
  • FTP
  • CloudPrint

共有するサービスにFacebookやInstagram等のストレージサービス以外を選択した場合は、画像が入っているアルバムが共有対象になります。さらに受け取り側にTwitterを選択すると、共有アルバムの画像がそのままTwitterに投稿されます。

共有するサービスにDropbox等のストレージサービスを選択した場合は、共有できるのは画像だけじゃないので、受け取り側もストレージサービスで受け取ります。

共有フォルダの管理

作成した共有フォルダは、「MyBEAMS」から管理することができます。

mybeam

あとがき

異なるサービス間で共有できるというのがいいですね。

色んなサービスに対応しているので、共有したい相手もどれかは使っていると思います。なので、気軽に共有することが可能ですね。

iBeam.it

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。