日本語の住所を英語表記に変換してくれるWEBサービス「JuDress」

日本語の住所を英語表記に変換してくれるWEBサービス「JuDress」

日本語の住所を英語表記に変換してくれるWEBサービス「JuDress」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 次世代の暗号通貨投資法!初心者でも!どなたでも年利36.27% ⁉︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JuDressは、日本語の住所を英語表記に変換してくれるWEBサービスです。

海外のサービスを利用したり、名刺に英語表記の住所を入れるときなんかに便利ですね。

スポンサードリンク

JuDressの使い方

英語表記への変換手順は以下の通りです。

1. JuDressにアクセスします。
2. 郵便番号から住所を検索します。

郵便番号から住所を検索

3. 番地や建物名などを入力します。

番地や建物名などを入力

4. [実用的に変換]をクリックします。

実用的に変換

5. 英語表記に変換された住所が表示されます。

英語表記に変換された住所

例えば、「東京都渋谷区」の場合、「Shibuya-ku, Tokyo, 150-0000, Japan」というように変換されます。

「Stylishに変換」の方は、お遊び要素ですね。「東京都渋谷区」をStylishに変換すると、「Astringent Juice Valley Area, East Metropolis, 150-0000, Sunrise」になります。

注意点

注意点が記載されていたので、引用させていただきます。

当サービスは英語表記の変換結果を保証するものではありません。
また、Stylish変換は実用性がありませんのでご注意ください。
変換結果が正しいか必ず確認の上、表記の参考としてご利用ください。

間違いがないかしっかり確認して利用しましょう、ということですね。

Androidアプリもあります

JuDressは、Androidアプリもあります。スマホで使いたいという方はインストールしましょう。

JuDress
foka
価格:無料  平均評価:0.0(0 件)

アプリのシステム要件は、以下の通りです。

  • サイズ:2.0MB
  • Android 要件:バージョン2.2以上

あとがき

サクッと英語表記に変換できて便利です。住所を英語表記したい場面があまりないという場合でも、こういうサービスがあることを知っておくといざという時に役立ちますよね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。