マテリアルデザインを基にしたカラーパレットを生成してくれるWEBサービス「Material Paellete」

マテリアルデザインを基にしたカラーパレットを生成してくれるWEBサービス「Material Paellete」

マテリアルデザインを基にしたカラーパレットを生成してくれるWEBサービス「Material Paellete」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Material Paelleteは、2つの色を選ぶだけで、その色をベースにしたカラーパレットを生成してくれるWEBサービスです。1つ目に選んだ色がメインカラー、2つ目に選んだ色がアクセントカラーになります。

生成されたカラーパレットは、CSSなどでダウンロードすることが可能です。

スポンサードリンク

Material Paelleteの使い方

まずは、Material Paelleteにアクセスして、様々な色の中から2色選択します。

2色選ぶと右側にプレビューとカラーパレットが表示されます。

カラーパレットの生成

カラーパレット上の色をクリックすると、カラーコードがコピーされます。

カラーパレットのすぐ上にある[DOWNLOAD]をクリックして、ファイルの種類を選択するとカラーパレットがダウンロードできます。

カラーパレットのダウンロード

ダウンロードできるファイルの種類は以下の通り。

  • CSS
  • SASS
  • LESS
  • SVG
  • XML
  • PNG
  • POLYMER

ちなみにCSSでダウンロードした結果がこちら↓

.dark-primary-color { background: #1976D2; }
.default-primary-color { background: #2196F3; }
.light-primary-color { background: #BBDEFB; }
.text-primary-color { color: #FFFFFF; }
.accent-color { background: #FF9800; }
.primary-text-color { color: #212121; }
.secondary-text-color { color: #727272; }
.divider-color { border-color: #B6B6B6; }

なんとも実用的ですね。

あとがき

Googleが提唱するマテリアルデザインを基に生成してくれるので、自然と見やすい配色ができそうです。

配色に迷った時は、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。