Windows10のエクスペリエンスインデックス(PC性能の測定)の結果表示ツール「WEBmarks」

Windows10のエクスペリエンスインデックス(PC性能の測定)の結果表示ツール「WEBmarks」

Windows10のエクスペリエンスインデックス(PC性能の測定)の結果表示ツール「WEBmarks」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBmarksは、Windows10で測定したベンチマークテストの結果を表示させるためのWEBサービスです。

Windows7やVistaには、PCの能力を測定するエクスペリエンスインデックスという機能が備わっていましたが、Windows8以降はこの機能はコントロールパネルから消えていました。ですが、機能自体は残っていて、コマンドプロンプトから実行すればPCの能力を測定することができます。

WEBmarksは、Windows10でベンチマークテストを実行した際に作成されるファイルをドラッグ&ドロップするだけで、測定結果を視覚的にわかりやすく表示してくれるツールです。

スポンサードリンク

WEBmarksの使い方

スタートボタンを右クリックして、「コマンドプロンプト(管理者)」を起動します。

コマンドプロンプト(管理者)

コマンドプロンプトで「winsat.exe formal」と入力し、Enterを押下してベンチマークテストを実行します。新たなウインドウが開いてベンチマークテストが開始されますので、完了してウインドウが閉じるまでしばらく待ちます。

winsat.exe formal

「C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStore」フォルダを開きます。

WEBmarksにアクセスして、「(日付)Formal.Assessment (Recent).WinSAT.xml」というファイルをドラッグ&ドロップします。

ドラッグ&ドロップ

測定結果が表示されます。

ベンチマーク測定結果

[Details]タブを開くと、さらに詳細な結果を表示できます。

詳細なベンチマーク結果

あとがき

CPUを換装しようと思っていて、その前に現状を測定してみました。自分のPCの性能がどれくらいなのか、一度測定してみるのも良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。