サイト内のリンク切れをチェックしてくれるWordPressプラグイン「Broken Link Checker」

サイト内のリンク切れをチェックしてくれるWordPressプラグイン「Broken Link Checker」

サイト内のリンク切れをチェックしてくれるWordPressプラグイン「Broken Link Checker」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 次世代の暗号通貨投資法!初心者でも!どなたでも年利36.27% ⁉︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Broken Link Checkerは、サイト内のリンクをチェックして、リンク切れを起こしている箇所を教えてくれるWordPressプラグインです。

どのページのどの部分がリンク切れを起こしているのか教えてくれます。

スポンサードリンク

Broken Link Checkerのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Broken Link Checkerをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Broken Link Checkerを有効化します。

Broken Link Checkerの設定

[設定] – [Broken Link Checker]で、プラグインの詳細な設定を行います。

Broken Link Checkerの設定

一般

[一般]タブでは、Broken Link Checkerの基本設定を行います。

ステータス リンク切れの数を表示
各リンクをチェック 何時間置きに既存リンクをチェックするか
メールで通知 メール通知するかどうか
通知メールアドレス 通知先メールアドレス
リンクの調整 リンク切れした場合の挙動
提案 リンク先の提案
Warnings 不明
リンクチェック対象

[リンクチェック対象]タブでは、チェックする対象を設定します。

リンクチェック対象 リンクチェックする投稿タイプ
リンクチェックする記事のステータス リンクチェックする記事のステータス
リンク種類チェック対象

[リンク種類チェック対象]タブでは、チェック対象のリンクの種類を設定します。

リンクの種類 チェックするリンクの種類
除外リスト リンクチェックから除外するURL
プロトコル&API

[プロトコル&API]タブでは、リンクチェックに使用するAPIを選択します。

高度な設定

[高度な設定]タブでは、さらに詳細な設定を行います。

タイムアウト タイムアウトまでの時間
リンクモニター リンクチェックの間隔
ウィジェットのダッシュボードを表示 ダッシュボードにウィジェットを表示する権限
Show link actions リンクチェックページで表示する操作
最大実行時間 リンクチェックの最大実行時間
サーバーの負担の制限 リンクチェックを止めるしきい値
Target resource usage ターゲットリソースの使用状況
ログの保存 ログを保存するかどうか
ログファイルの場所 ログファイルの保存場所
再確認 すべてのリンクを再チェック

Broken Link Checkerの使い方

[ツール] – [リンクエラーをチェック]にアクセスすると、リンク切れを確認することができます。

リンク切れの確認

URL リンク切れしているURL
ステータス リンク先のステータス
リンクテキスト アンカーテキスト
ソース リンクが設定されているページ

対象のリンクにマウスホバーすると、URLを編集したり、リンクを解除したりすることができます。

URLの編集・リンク解除

表示されたリンクがリンク切れではないという場合は、[リンクエラーでない]をクリックすると、リンク切れリストから消去されます。

あとがき

新しくWordPressでサイトを作ったら、ほぼ間違いなく導入しているプラグインです。自動的にリンクをチェックして、リンク切れを教えてくれるので、大変重宝しています。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。