HTML・CSS・JavaScriptのリソースを縮小してサイトを高速化するWordPressプラグイン「Autoptimize」

HTML・CSS・JavaScriptのリソースを縮小してサイトを高速化するWordPressプラグイン「Autoptimize」

HTML・CSS・JavaScriptのリソースを縮小してサイトを高速化するWordPressプラグイン「Autoptimize」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Autoptimizeは、HTML・CSS・JavaScriptのリソースを縮小して、転送サイズを削減できるWordPressプラグインです。リソースを縮小させることで、サイトの表示速度向上に貢献します。

スポンサードリンク

Autoptimizeのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Autoptimizeをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Autoptimizeプラグインを有効化します。

Autoptimizeの設定

プラグインを有効化したら、管理画面で[設定] – [Autoptimize]にアクセスします。「Autoptimize Settings」が開くので、Autoptimizeの設定を行います。

Autoptimizeの設定

Optimize HTML Code? HTMLを縮小します。
Keep HTML comments? HTML内のコメントを削除しません。
Optimize JavaScript Code? JavaScriptを縮小します。
Optimize CSS Code? CSSを縮小します。
Generate data: URIs for images? Data URIを使用して背景画像を埋め込みます。
CDN Base URL CDNを利用している場合は、CDNのベースURLを入力します。

設定が完了したら、[Save Changes and Empty Cache]をクリックして、設定内容を反映させます。

[Show advanced settings]をクリックすると詳細設定が表示され、さらに細かい指定をすることも可能です。

あとがき

JavaScriptは縮小することで動作しなくなってしまう場合もありますので、実際に挙動を確認しながらオン・オフを切り替えましょう。

サイトが重くなってきたら、ぜひ導入を検討してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。