WordPress4.8で仕様が変更される前のテキストウィジェットが使えるようになるWordPressプラグイン「Classic Text Widget」

WordPress4.8で仕様が変更される前のテキストウィジェットが使えるようになるWordPressプラグイン「Classic Text Widget」

WordPress4.8で仕様が変更される前のテキストウィジェットが使えるようになるWordPressプラグイン「Classic Text Widget」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress4.8でテキストウィジェットの仕様が変更され、これまでの「自動的に段落追加する」という項目が削除され、自動的に段落や改行が追加されるようになりました。

段落/改行の自動追加機能を無効化する方法については、先日「WordPress4.8から仕様が変更になったテキストウィジェットの段落/改行の自動追加を無効化する方法」という記事で書きました。

今回は、機能を無効化するのではなく、仕様が変更される前のウィジェットも使えるようにするプラグインが公開されていましたので、ご紹介したいと思います。その名も「Classic Text Widget」です。

スポンサードリンク

Classic Text Widgetのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Classic Text Widgetをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Classic Text Widgetを有効化します。

Classic Text Widgetの使い方

Classic Text Widgetをインストールすると、[外観] – [ウィジェット]に「Classic Text Widget」というウィジェットが追加されます。「Classic Text Widget」を追加したい場所にドラッグ&ドロップすれば、WordPress4.7以前のようなテキストウィジェットが利用できます。

Classic Text Widgetの使い方

翻訳されていないので「Automatically add paragraphs(自動的に段落追加する)」となっていますが、ちゃんと以前のテキストウィジェットのようになっていますね。

あとがき

WordPress4.8から仕様が変更になったテキストウィジェットの段落/改行の自動追加を無効化する方法」にも追記しましたが、次期バージョンである4.8.1で「HTML Code Widget」という新しいウィジェットが追加される予定のようです。

どうも今回のテキストウィジェットの仕様変更(テキストモードでも自動整形される)は、バグとして認識されているっぽいですね。詳しくは「4.8.1 – Make WordPress Core」や「#40907 – Introduce widget dedicated for HTML code」をご参照ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。