PHPコードをスニペットとして作成・管理することができるWordPressプラグイン「Code Snippets」

PHPコードをスニペットとして作成・管理することができるWordPressプラグイン「Code Snippets」

PHPコードをスニペットとして作成・管理することができるWordPressプラグイン「Code Snippets」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • SoftBank光はどこよりも安くてお得!詳細はコチラから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Code Snippetsは、本来functions.phpに記述するPHPコードを、管理画面上から管理することができるWordPressプラグインです。

追加したコードは、管理画面上で有効/無効を切り替えることができます。

スポンサードリンク

Code Snippetsのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Code Snippetsをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Code Snippetsを有効化します。

Code Snippetsの使い方

プラグインを有効化すると、管理画面の左メニューに[Snippets]という項目が追加されます。[Snippets] – [Add New]からコードを追加します。

スニペットの追加

Name コードの名前
Code コードの内容
Description コードの説明
Tags タグ付け

[変更を保存]をクリックすると、入力した内容が保存されます。この時点では、コードはまだ有効化されません。

[Save Changes and Activate]をクリックすると、内容を保存したうえでコードが有効化されます。

[Snippets] – [Manage]にアクセスすると、追加したコードの管理が行えます。コードを有効化/無効化したり、エクスポートや削除をすることができます。

あとがき

テーマのfunctions.phpにコードを追加してカスタマイズしていると、徐々に管理が煩雑になってくるため、管理画面上で一元管理できるのは良いですね。普段からfunctions.phpをカスタマイズすることが多い方は、ぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。