アップロードした画像を自動的に圧縮して軽量化してくれるWordPressプラグイン「Compress JPEG & PNG images」

アップロードした画像を自動的に圧縮して軽量化してくれるWordPressプラグイン「Compress JPEG & PNG images」

アップロードした画像を自動的に圧縮して軽量化してくれるWordPressプラグイン「Compress JPEG & PNG images」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Compress JPEG & PNG imagesは、アップロードした画像(JPEG/PNG)を自動的に軽量化してくれるWordPressプラグインです。TinyPNGという有名な画像圧縮のWEBサービスがありますが、そのプラグイン版になります。

試しにTinyPNGで画像の圧縮を試してみるとわかりますが、ファイルサイズはかなり縮小されるのに、画像の劣化はほぼありません。そんな便利な画像圧縮を、自動でやってくれるのがCompress JPEG & PNG imagesです。

スポンサードリンク

Compress JPEG & PNG imagesのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Compress JPEG & PNG imagesをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Compress JPEG & PNG imagesプラグインを有効化します。

APIキーの取得とプラグインへの設定

Compress JPEG & PNG imagesプラグインを使用するには、TinyPNGのAPIキーを取得する必要があります。取得したAPIキーを設定してプラグインを有効化します。

1. Developer APIにアクセスします。
2. フルネームとメールアドレスを入力して、[Get your API key]をクリックします。
※フルネームは日本語で入力してもOKです。

APIキーの取得

3. 入力したメールアドレス宛に承認メールが届くので、メールに記載のURLをクリックします。
4. APIキーが表示されるので、コピーします。

APIキーのコピー

5. WordPress管理画面の[設定] – [メディア]にアクセスして、「TinyPNG API key」にコピーしたAPIキーを入力します。

TinyPNG API key

6. [変更を保存]をクリックして、設定を反映させます。
7. Connection statusが、「API connection successful」に変われば有効化の成功です。

API connection successful

Compress JPEG & PNG imagesの設定

Compress JPEG & PNG imagesの設定は、管理画面の[設定] – [メディア]にて行います。

TinyPNG API key 上述した通りAPIキーを入力します。
File compression 画像圧縮をかけたい画像の種類を選択します。
Connection status プラグインの有効性を表示します。

設定が完了したら、[変更を保存]をクリックして設定を反映させます。

過去にアップロードした画像の圧縮

すでにアップロード済みの画像を圧縮するには、[ツール] – [Compress All Images]にアクセスします。

[Compress All Images]をクリックすると、アップロード済みの画像すべてを圧縮します。

Compress All Images

あとがき

よく使うWEBサービスがプラグイン化されるのはうれしい限りです。

画像をたくさんアップするという方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。