指定した条件で表示されるウィジェットエリアを作成することができるWordPressプラグイン「Content Aware Sidebars – Unlimited Widget Areas」

指定した条件で表示されるウィジェットエリアを作成することができるWordPressプラグイン「Content Aware Sidebars – Unlimited Widget Areas」

指定した条件で表示されるウィジェットエリアを作成することができるWordPressプラグイン「Content Aware Sidebars – Unlimited Widget Areas」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Content Aware Sidebarsは、指定した条件で表示されるウィジェットエリアを作成することができるWordPressプラグインです。投稿ページでのみウィジェットを表示したり、特定のカテゴリーでのみウィジェットを表示する、といったことが可能になります。

スポンサードリンク

Content Aware Sidebarsのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Content Aware Sidebarsをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Content Aware Sidebarsを有効化します。

Content Aware Sidebarsの使い方

ウィジェットエリアの作成

[サイドバー] – [新規追加]から、ウィジェットエリアを追加します。

ウィジェットエリアの作成

「Sidebar Conditions」で表示条件を指定し、「オプション」でどの部分に表示するかを設定します。オプションの「Action」では、既存のウィジェットを置換するのか、統合するのか、といったことが指定可能です。

[Schedule]タブでは、ウィジェットを表示するスケジュールを指定できます。

スケジュールの指定

[Design]タブでは、ウィジェットエリアやウィジェットを包括するタグを変更したり、追加するクラスを指定することができます。

クラスの追加

ウィジェットの設置

ウィジェットエリアを作成したら、[外観] – [ウィジェット]で表示したいウィジェットを追加しましょう。

ウィジェットの設置

作成したウィジェットエリアが表示されていると思いますので、通常のウィジェットと同じように表示したい項目をドラッグ&ドロップで設置します。

あとがき

指定した条件でウィジェットが表示できるため、より関連性の高いウィジェットをサイドバーなどに表示できるようになりますね。

似たようなプラグインとしては、ウィジェット毎に条件分岐が使えるようになる「Widget Logic」というプラグインもありますので、よかったらチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。