ページ毎に個別のコードを埋め込むことができるWordPressプラグイン「CSS & JavaScript Toolbox」

ページ毎に個別のコードを埋め込むことができるWordPressプラグイン「CSS & JavaScript Toolbox」

ページ毎に個別のコードを埋め込むことができるWordPressプラグイン「CSS & JavaScript Toolbox」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 月額2980円で顧問を雇いませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CSS & JavaScript Toolboxは、ページ毎に個別のコードを埋め込むことができるWordPressプラグインです。HTML・CSS・JavaScript・PHPのコードを投稿や固定ページ、カテゴリーページなどに埋め込むことができます。

スポンサードリンク

CSS & JavaScript Toolboxのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. CSS & JavaScript Toolboxをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、CSS & JavaScript Toolboxを有効化します。
  4. 左メニューに追加された[CSS & JavaScript Toolbox]にアクセスします。
  5. [Install]をクリックしてしばらく待ちます。
    CSS & JavaScript Toolboxのインストール
  6. すべてにチェックが入ったら、[Start]をクリックします。
    CSS & JavaScript Toolboxのインストール開始

CSS & JavaScript Toolboxの使い方

WordPress管理画面で[CSS & JavaScript Toolbox]にアクセスします。[New Code Block]をクリックして、コードを追加します。

コードの追加

Name コードの名前
Activate 有効化
Location Hook コードを挿入する場所
Initial Block Position 追加するブロックの位置

[Create]をクリックするとコード入力画面が開くので、左側にコードを入力し、右側で挿入するページを選択します。

コードを追加するページの選択

あとがき

プラグインの動画もあるので紹介しておきます。

特定のページだけスタイルを変えたいとか、特定の記事にだけJavaScriptを仕込みたいといった場合に便利ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。