任意のカスタムフィールドを検索対象に含めることができるWordPressプラグイン「Custom Fields Search」

任意のカスタムフィールドを検索対象に含めることができるWordPressプラグイン「Custom Fields Search」

任意のカスタムフィールドを検索対象に含めることができるWordPressプラグイン「Custom Fields Search」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 初心者におすすめのクレジットカードランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Custom Fields Searchは、指定したカスタムフィールドのみを検索対象に含めることができるWordPressプラグインです。カスタムフィールド等を検索対象に含めるプラグインといえば「Search Everything」が有名ですが、Custom Fields SearchはSearch Everythingよりもさらに細かく検索対象に含める項目を設定することができます。

このフィールドは含めたいけど、このフィールドは含めたくない、という要望がある場合は、Custom Fields Searchを使うと要望に応えることができます。

スポンサードリンク

Custom Fields Searchのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Custom Fields Searchをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Custom Fields Searchを有効化します。

Custom Fields Searchの設定

プラグインを有効化したら、WordPress管理画面の[BWS Panel] – [Custom Fields Search]にアクセスします。検索に含めたいフィールドを「Enable search for the custom field」から選択してチェックを入れていきます。

Custom Fields Searchの設定

フィールドの選択が完了したら、[Save Changes]をクリックして設定を反映します。

あとがき

WordPress標準のサイト内検索では、投稿や固定ページのタイトル・本文しか検索対象に含まれません。サイト内検索機能を強化したい場合は、Search EverythingやCustom Fields Searchを導入することを検討しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。