カスタムタクソノミーのリストをウィジェットとして表示できるようになるWordPressプラグイン「Custom Taxonomy Widget」

カスタムタクソノミーのリストをウィジェットとして表示できるようになるWordPressプラグイン「Custom Taxonomy Widget」

カスタムタクソノミーのリストをウィジェットとして表示できるようになるWordPressプラグイン「Custom Taxonomy Widget」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Custom Taxonomy Widgetは、カスタムタクソノミーのリストをカテゴリーリストのように、ウィジェットで表示することができるWordPressプラグインです。

シンプルですが、カスタムタクソノミーを作成している場合は、非常に役立つプラグインです。

スポンサードリンク

Custom Taxonomy Widgetのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Custom Taxonomy Widgetをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Custom Taxonomy Widgetプラグインを有効化します。

Custom Taxonomy Widgetの使い方

Custom Taxonomy Widgetを有効化すると、[外観] – [ウィジェット]にCustom Taxonomyというウィジェットが追加されます。このCustom Taxonomyをタクソノミーリストを表示させたい場所にドラッグ&ドロップして設置します。

Custom Taxonomy

Custom Taxonomyウィジェットを移動させたら、各設定項目を埋めて保存します。

各設定項目

Widget Title:ウィジェットのタイトルを入力します。
Taxonomy to List:出力するタクソノミーを選択します。
Display as:表示する方法を選択します。
Order By:表示順の基準となる値を選択します。
Order:表示順を昇順・降順から選択します。
Show Post Counts:チェックを入れると、タームに属する投稿の数が表示されます。
Show Empty Terms:チェックを入れると、タームに属する投稿がなくてもリストが表示されます。
Show Subcategories:チェックを入れると、階層表示されます。

Display asでListを選択すると、カテゴリーリストのように表示できます。

Display asでListを選択

あとがき

タクソノミーの一覧をリスト表示させたい場合は、ぜひご活用ください。また、リスト表示だけでなく、プルダウンやタグクラウドのような表示方法も選択できます。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。