WordPressのデータベース内のドメインを置換できる便利ツール「Database Search and Replace Script in PHP」の使い方

WordPressのデータベース内のドメインを置換できる便利ツール「Database Search and Replace Script in PHP」の使い方

WordPressのデータベース内のドメインを置換できる便利ツール「Database Search and Replace Script in PHP」の使い方
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Database Search and Replace Script in PHPは、WordPressサイト内のドメインを一括置換することができるスクリプトです。このスクリプトを使うことで、データベース内のドメインを簡単に変更することができちゃいます。

以前バージョン2の使い方をご紹介したのですが、最新のWordPressだと使えないみたいなので、今回はバージョン3の使い方について解説したいと思います。

スポンサードリンク

Database Search and Replace Script in PHPの使い方

Database Search and Replace Script in PHPの配布サイトにアクセスし、「Knowledge check」にそれぞれチェックを入れ、名前とメールアドレスを送信します。

名前とメールアドレスの送信

入力したメールアドレス宛に、スクリプトのダウンロードリンクが送信されますので、ファイル一式をダウンロードします。ダウンロードしたファイルを解凍すると、「Search-Replace-DB-master」というフォルダが展開されますので、フォルダ毎サーバーのルートディレクトリにアップロードします。

「http://example.com/Search-Replace-DB-master/」のようなURL(ドメイン名/Search-Replace-DB-master/)にアクセスして、Database Search and Replace Script in PHPを起動します。

「replace」に検索する文字列、「with」に置換する文字列を入力します。「replace」には旧ドメイン、「with」には新ドメインを入力しましょう。(例:example.com/blog→blog.example.com)

置換文字列の入力

特定のテーブルでのみ置換を実行したい場合は、「select tables」にチェックを入れてテーブルを選択します。

テーブルの選択

actionsの[live run]をクリックすると、置換が実行されます。

置換の実行

すぐに実行したくない場合は、[dry run]をクリックすると、実際に置換は実行せずに、実行結果を確認することができます。予期せぬ置換を防ぐために、まずは[dry run]で結果を確認した方が良いですね。

最後に、[delete me]をクリックすれば、アップロードした「Search-Replace-DB-master」フォルダは削除されます。

フォルダの削除

あとがき

簡単にデータベース内のドメインを置換できますね。

WordPressサイトのドメイン移行を実施する際に、ぜひお役立てください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。