WordPressのドメイン変更が超簡単にできる「DATABASE SEARCH AND REPLACE SCRIPT」

WordPressのドメイン変更が超簡単にできる「DATABASE SEARCH AND REPLACE SCRIPT」

WordPressのドメイン変更が超簡単にできる「DATABASE SEARCH AND REPLACE SCRIPT」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DATABASE SEARCH AND REPLACE SCRIPT(searchreplacedb2.php)は、WordPressサイトのドメイン情報を一括して変換することができるスクリプトです。

WordPressサイトのドメインを変更する際に、このスクリプトを利用することで、超簡単にデータベース上のドメイン情報を変換することができます。

この記事では、DATABASE SEARCH AND REPLACE SCRIPTの使い方について解説いたします。

スポンサードリンク

新ドメインへのファイルアップロードとデータベースインポート

新ドメインのサーバー上に、旧ドメインで使用していたWordPressのファイルをアップロードします。また、旧ドメインからエクスポートしたデータベースもインポートしておきましょう。

手順については、こちらの記事を参考にしてください。

DATABASE SEARCH AND REPLACE SCRIPTのダウンロードと設置

こちらのページから、スクリプトをダウンロードします。バージョン2.1.0をダウンロードしてください。

Download Search Replace DB v 2.1.0

ダウンロードしたファイルを解凍すると、searchreplacedb2.phpというPHPファイルが入っています。このPHPファイルをサーバー上にアップロードします。アップロードする場所は、ルートディレクトリ(wp-config.phpなどが設置されている場所)です。

ドメイン情報の置換

下記の手順でデータベース上のドメインを置換します。

1. 以下のアドレスにアクセスします。

http://新ドメイン/searchreplacedb2.php

新ドメインがnew.co.jpなら以下のようになります。

http://new.co.jp/searchreplacedb2.php

2. 「Load DB connection values from WordPress?」というメッセージが表示されるので、[submit]をクリックします。

Load DB connection values from WordPress?

3. データベースの接続情報が表示されるので、間違いなければ[Submit DB Details]をクリックします。

データベース情報

4. 「Which tables do you want to scan?」でスキャンするテーブルを選択します。そのまま[Continue]でOKです。

テーブルの選択

5. [Continue]をクリックすると、「ちゃんと正しいテーブルを選んでるかい?」といった内容のメッセージが表示されるので[OK]をクリックします。

警告メッセージ

6. 「Search for」に旧ドメイン(URLでもOK)、「Replace with」に新ドメイン(URLでもOK)を入力して、[Submit Search string]をクリックします。

ドメイン情報の入力

7. 「Completed」と表示されれば置換完了です。

Completed

あとがき

このスクリプトは、以前yyzjpさんにコメントで教えていただきました。

ドメインの置換は、5分もかからないうちに終わっちゃいます。ドメインを変更する際には、ぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。