BackWPupで「Dropbox API: (59) Unknown cipher in list」が出る時の対処法

BackWPupで「Dropbox API: (59) Unknown cipher in list」が出る時の対処法

BackWPupで「Dropbox API: (59) Unknown cipher in list」が出る時の対処法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 次世代の暗号通貨投資法!初心者でも!どなたでも年利36.27% ⁉︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressのバックアップには、専らBackWPupというプラグインを使っています。これ一つでファイルもデータベースもバックアップ可能ですし、何よりもDropboxをバックアップ先として指定できる点が気に入っています。

しかし、最近さくらのVPSにサーバーを移行してから、「Dropbox API: (59) Unknown cipher in list」というエラーが出るようになって、バックアップに失敗するようになりました。BackWPupのバージョンは3.1.2です。

BackWPupのジョブ編集画面から、Dropboxの再認証を行おうとしても同じエラーが出てしまいます。

調べてみると、SSL接続の整合性に関するチェックを無効化することで、暫定的な対処ができるということでした。ということで、対処法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

BackWPupで「Dropbox API: (59) Unknown cipher in list」が出る時の対処法

1. backwpupsslfix.phpというファイルを作成し、以下の内容を記述します。

<?php
/**
* Plugin Name: BackWPup disable SSL connection verifying
* Plugin URI: https://marketpress.com/
* Description: Disables the verifying from SSL connections in backup destinations
* Author: Inpsyde GmbH
* Author URI: http://inpsyde.com
* Version: 0.1
* Network: true
* License: GPLv3
* License URI: http://www.gnu.org/licenses/gpl-3.0
*/
add_filter( 'backwpup_cacert_bundle', '__return_false' );

2. backwpupsslfix.phpをwp-content/plugins/にアップロードします。
3. WordPress管理画面の[プラグイン]で「BackWPup disable SSL connection verifying」を有効化します。

BackWPup disable SSL connection verifying

これで正常にバックアップが走るようになります。

あとがき

この対処法は、WordPressのフォーラムで紹介されていました。プラグイン側で対応してくれるまでは、この方法で凌ぐしかなさそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。