画像に透かしを入れることができるWordPressプラグイン「Easy Watermark」

画像に透かしを入れることができるWordPressプラグイン「Easy Watermark」

画像に透かしを入れることができるWordPressプラグイン「Easy Watermark」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Easy Watermarkは、記事内の画像に透かしを入れることができるWordPressプラグインです。

Easy Watermarkを導入すると、以下のように画像内に透かしを表示させることができます。右下に「TechMemo」という文字が薄く入っていますね。

透かしの例

上記透かしはテキストのみですが、ロゴなどの画像を入れることも可能です。

スポンサードリンク

Easy Watermarkのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Easy Watermarkをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Easy Watermarkを有効化します。

Easy Watermarkの設定

[設定] – [Easy Watermark]で、透かしとして入れる画像やテキストの設定を行います。

Generalタブ
Auto Watermark 自動で透かしをいれるかどうか
Image Types 透かしを入れる画像の種類
Backup オリジナル画像を残すかどうか
Image Sizes 透かしを入れる画像サイズ
Watermark Type 透かしの種類
Jpeg Quality Jpegの圧縮率
Date Format 日付のフォーマット
Time Format 時間のフォーマット
User Roles 透かし機能を使う権限
Post Types 透かし機能を使う投稿タイプ
Imageタブ
Watermark Image 透かしとして入れる画像
Image Alignment 透かし画像の位置
Scaling Mode 縮尺設定
Scale 縮尺率
Image Offset 余白
Opacity 透過度
Textタブ
Watermark Text 透かしとして入れるテキスト
Text Alignment テキストの位置
Text Offset 余白
Font フォント
Text Color 文字色
Text Size フォントサイズ
Text Angle 角度
Opacity 透過度

すでにアップロード済みの画像に透かしを入れる方法

アップロード済みの画像に透かしを入れるには、[メディア] – [Easy Watermark]にアクセスします。

Bulk Watermarkの[Start]をクリックします。

既存画像への透かしの挿入

「You are about to watermark all images in the library. This action can not be undone. Are you sure you want to do this?」というメッセージが表示されるので、[Proceed]をクリックします。

Proceed

アップロード済み画像への透かし挿入が始まります。

あとがき

画像に透かしを入れることで、画像を無断転載されるリスクを軽減することができます。万が一無断転載されても、自身の著作権表記を入れておくことで、オリジナルの所在を知らせることができますね。

イラストや写真などの作品を投稿している方は、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。