メディアライブラリ内のファイルをカテゴリー分けすることができるWordPressプラグイン「Enhanced Media Library」

メディアライブラリ内のファイルをカテゴリー分けすることができるWordPressプラグイン「Enhanced Media Library」

メディアライブラリ内のファイルをカテゴリー分けすることができるWordPressプラグイン「Enhanced Media Library」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Enhanced Media Libraryは、メディアライブラリ内のファイルをカテゴリーで分類することができるWordPressプラグインです。

カテゴリー分けしておくことで、目的のメディアファイルを素早く見つけることができるようになります。

スポンサードリンク

Enhanced Media Libraryのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Enhanced Media Libraryをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Enhanced Media Libraryを有効化します。

Enhanced Media Libraryの使い方

カテゴリーの追加

WordPress管理画面の[メディア] – [Media Categories]にアクセスすると、カテゴリーを登録することができます。

カテゴリーの追加

投稿のカテゴリーと同じようにカテゴリーを追加します。

カテゴリーの設定

メディアライブラリでファイルを選択し、[さらに詳細を編集]をクリックすると、「Media Categories」という項目でカテゴリーが表示されます。

カテゴリーの設定

チェックボックスになっているので、分類したいカテゴリーを選択して[更新]をクリックしましょう。操作は投稿のカテゴリーと同じですね。

[Add New Media Category]から新しいカテゴリーを追加することもできます。

メディアファイルの絞り込み

メディアライブラリの一覧画面で、[Filter by Media Category]をクリックすると、設定しているカテゴリー別にファイルを絞り込むことができます。

メディアファイルの絞り込み

あとがき

投稿にメディアを新規追加するときにもカテゴリーは設定できるので、新しく追加するメディアファイルはわざわざメディアライブラリから設定しなくてもOKです。

メディアファイルもちゃんとカテゴリー分けしておくと、後々ファイルを整理したい時に役立ちますね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。