WordPressで指定したカテゴリーに属する記事の一覧をショートコードを使って出力する方法

WordPressで指定したカテゴリーに属する記事の一覧をショートコードを使って出力する方法

WordPressで指定したカテゴリーに属する記事の一覧をショートコードを使って出力する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressで指定したカテゴリーに属する記事の一覧を、ショートコードを使って出力する方法を紹介します。

当ブログでも設置していますが、記事の目次ページを作成する時などに便利です。

スポンサードリンク

functions.phpでショートコードを作成する

まずは、functions.phpに以下のコードを追加して、記事の一覧を出力するショートコードを使えるようにします。

functions.php
function getCatItems($atts, $content = null) {
extract(shortcode_atts(array(
"num" => '5',
"cat" => ''
), $atts));
global $post;
$oldpost = $post;
$myposts = get_posts('numberposts='.$num.'&order=DESC&orderby=post_date&category='.$cat);
$retHtml='<ul>';
foreach($myposts as $post) :
setup_postdata($post);
$retHtml.='<li><a href="'.get_permalink().'">'.the_title("","",false).'</a></li>';
endforeach;
$retHtml.='</ul>';
$post = $oldpost;
return $retHtml;
}
add_shortcode("list", "getCatItems");

“num”と”cat”は、デフォルトの表示数とカテゴリーを指定します。表示数やカテゴリーは、ショートコードを記述する際に指定できるので、とりあえず上記をそのままコピペで大丈夫です。

記事の一覧を出力する

functions.phpに上記コードを追加したら、あとは投稿や固定ページ内に以下のショートコードを記述すればOKです。

[list cat="1" num="10"]

catにはカテゴリーID、numには出力数を入力します。上記だと、カテゴリーIDの記事を10記事出力する、という意味になります。

テーマファイル内に直接記述する場合は、以下のようにdo_shortcode関数を使います。

echo do_shortcode('[list cat="1" num="10"]');

全記事を出力したい場合は、numの値を”-1″にしてください。

あとがき

気軽に一覧を出力できるので、非常に便利です。色んなところで活用できると思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。