ショートコードを作成・管理することができるWordPressプラグイン「Global Content Blocks」

ショートコードを作成・管理することができるWordPressプラグイン「Global Content Blocks」

ショートコードを作成・管理することができるWordPressプラグイン「Global Content Blocks」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Global Content Blocksは、頻繁に使う処理をショートコード化することができるWordPressプラグインです。度々入力する文章を定型化したり、PHPの処理をショートコードとして利用することができるようになります。

スポンサードリンク

Global Content Blocksのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Global Content Blocksをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Global Content Blocksを有効化します。

Global Content Blocksの使い方

プラグインを有効化すると、管理画面のメニューに「Global Content Blocks」が追加されます。「Global Content Blocks」にアクセスして、[Add a New Content Block]からショートコードを作成します。

Add a New Content Block

[Add a New Content Block]をクリックすると、作成画面が表示されるのでショートコードの内容を入力していきましょう。

ショートコードの作成

Name (short title) ショートコードの名前
Custom shortcode string ショートコードの名前をカスタマイズ
Type コードの種類
Description ショートコードの説明
Content 処理の内容

[Manage Blocks]にアクセスすると、作成したショートコードの一覧が表示されます。「Shortcode(s)」の列に書かれているショートコードを記事内に挿入すると、作成した処理が実行されます。

ショートコード一覧

上記の場合だと、以下のようなショートコードになります。

[contentblock id=1]

あとがき

ショートコードの管理が楽になって良いですね。頻繁に入力するような処理がある場合は、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。