参照しているページで使われているテーマファイルや読み込まれているスクリプトなどをアドミンバーに表示してくれるWordPressプラグイン「Helpful Information」

参照しているページで使われているテーマファイルや読み込まれているスクリプトなどをアドミンバーに表示してくれるWordPressプラグイン「Helpful Information」

参照しているページで使われているテーマファイルや読み込まれているスクリプトなどをアドミンバーに表示してくれるWordPressプラグイン「Helpful Information」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Helpful Informationは、参照しているページで使われているテーマファイルなどの情報をアドミンバーに表示してくれるWordPressプラグインです。

以前、同じような機能でShow Current Templateというプラグインを紹介しましたが、Helpful Informationの方がより細かく情報を確認することができます。

スポンサードリンク

Helpful Informationのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Helpful Informationをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Helpful Informationを有効化します。

Helpful Informationの使い方

プラグインを有効化すると、アドミンバーに「Helpful Information」という項目が追加されます。

ページを開いて、「Helpful Information」にマウスホバーすると、詳細情報が表示されます。

テーマの詳細情報

上の画像の場合、index.phpが表示されていることがわかります。「Scripts」や「Includes」にマウスホバーすると、読み込まれているスクリプトやインクルードファイルを確認することができます。

あとがき

自作のテーマであれば把握しているので必要ないかもしれませんが、既存テーマや他の方が制作したテーマをカスタマイズする時は、テーマの構成を確認できて捗りますね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。