メニューに表示条件を指定できるようになるWordPressプラグイン「If Menu」

メニューに表示条件を指定できるようになるWordPressプラグイン「If Menu」

メニューに表示条件を指定できるようになるWordPressプラグイン「If Menu」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 月額2980円で顧問を雇いませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

If Menuは、メニューに表示条件を指定できるようになるWordPressプラグインです。

ログイン状態だったり、見ているページの投稿タイプなどで、メニューの表示・非表示を切り替えることができます。

スポンサードリンク

If Menuのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. If Menuをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、If Menuを有効化します。

If Menuの使い方

[外観] – [メニュー]にアクセスして、変更したいメニューを選択します。

「Enable Conditional Logic」にチェックを入れると、If Menuの設定項目が表示されます。

Enable Conditional Logic

「Show」もしくは「Hide」を選択して、表示もしくは非表示の条件を指定します。「Show」は条件に合う場合に表示、「Hide」は条件に合う場合非表示になります。

設定できる条件は以下の通りです。

User is logged in ログインしている場合
User is Admin 管理者の場合
User is Editor 編集者の場合
User is Subscriber 購読者の場合
User is Author 投稿者の場合
User is Contributor 寄稿者の場合
Front Page トップページを表示している場合
Single Post 投稿を表示している場合
Page 固定ページを表示している場合
Mobile モバイル端末を使用している場合

例えば、「Hide」と「Front Page」の組み合わせで指定した場合、トップページを表示している時はそのメニューが非表示になります。

あとがき

If Menuを導入することで、少し複雑なメニュー構成が実現可能です。意外と使えるシーンはありそうです。

サイトの訪問者や参照しているページによってメニューを変えたい場合に、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。