CSVファイルからユーザーを一括登録できるWordPressプラグイン「Import Users from CSV」

CSVファイルからユーザーを一括登録できるWordPressプラグイン「Import Users from CSV」

CSVファイルからユーザーを一括登録できるWordPressプラグイン「Import Users from CSV」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Import Users from CSVは、CSVファイルをインポートすることで、ユーザーを一括登録することができるWordPressプラグインです。

大量のユーザーをまとめて登録したい時に便利です。

スポンサードリンク

Import Users from CSVのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Import Users from CSVをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Import Users from CSVプラグインを有効化します。

CSVファイルのフォーマット

CSVファイルは以下のようにカンマ区切りで作成します。

user_login,user_email,user_pass,first_name,last_name,display_name,role
test1,testuser@hogehoge.com,password,taro,yamada,YamadaTaro,editor

各項目は以下の通りです。

user_login ユーザー名
user_email メールアドレス
user_pass パスワード
first_name 名前
last_name 苗字
display_name 表示名
role 「administrator(管理者)」「editor(編集者)」「author(投稿者)」「contributor(寄稿者)」のいずれか

user_login・user_email・roleは必須です。user_pass・first_name・last_name・display_nameは空でも大丈夫です。

パスワードを空にした場合は、自動的にランダムなパスワードが発行されますので、通知メールを送信することで知らせます。

Import Users from CSVの使い方

[ユーザー] – [Import From CSV]にアクセスします。

Import Users from CSVの使い方

CSVファイルを選択して、通知メールなどの設定をしたら[Import]をクリックします。

CSV file インポートするCSVファイルを選択します。
Notification チェックを入れると、登録ユーザーに通知メールが送信されます。
Password nag チェックを入れると、ログインした際にパスワード変更を促すメッセージが表示されます。
Users update チェックを入れると、すでにユーザーが登録されていた場合に上書きされます。

「Users import was successful」と表示されればインポート成功です。

「No user was successfully imported, please check the error log」と表示された場合は、「check the error log」をクリックするとエラーの詳細を確認することができます。

あとがき

管理画面から1ユーザーずつ登録するよりも、CSVファイルを作成した方が早いと思います。大量のユーザーを登録する必要がある場合には、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。