自分でカスタマイズした「最近の投稿」ウィジェットが設置できるようになるWordPressプラグイン「Latest Posts Template Widget」

自分でカスタマイズした「最近の投稿」ウィジェットが設置できるようになるWordPressプラグイン「Latest Posts Template Widget」

自分でカスタマイズした「最近の投稿」ウィジェットが設置できるようになるWordPressプラグイン「Latest Posts Template Widget」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 闇金の無料相談ならこちらがおすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Latest Posts Template Widgetは、好きなフォーマットで「最近の投稿」ウィジェットが設置できるようになるWordPressプラグインです。自由にマークアップして「最近の投稿」を出力することができます。

スポンサードリンク

Latest Posts Template Widgetのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Latest Posts Template Widgetをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Latest Posts Template Widgetプラグインを有効化します。

Latest Posts Template Widgetの使い方

WordPress管理画面で[外観] – [ウィジェット]にアクセスします。「Latest Posts Template Widget」を表示したい場所にドラッグ&ドロップします。

Latest Posts Template Widgetのウィジェット

「タイトル」「表示数」「投稿タイプ」等を設定して、「テンプレート」に任意のHTMLをマークアップします。

テンプレートの記述

「テンプレート」に記述した内容は、以下のようにulリストの中に入ります。

<ul>
<li><a href="http://hogehoge.com/entry3">テスト3</a></li>
<li><a href="http://hogehoge.com/entry3">テスト2</a></li>
<li><a href="http://hogehoge.com/entry1">テスト1</a></li>
</ul>

「テンプレート」内では、$postのプロパティが取得できるようになっており、例えば以下のようなプロパティを使うことができます。

{post_title} 投稿タイトル
{permalink} 投稿のリンクURL
{thumbnail} サムネイル画像。{thumbnail large}のようにサイズ指定も可
{post_date} 投稿日

取得可能なプロパティについての詳細は、Codexをご参照ください。

あとがき

標準搭載されている「最近の投稿」ウィジェットだと物足りないとか、出力する内容を変更したい場合は、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。