AMP対応ページのロゴやフォントを変更したりGoogleアナリティクスのトラッキングコードを設置することができるWordPressプラグイン「Facebook Instant Articles & Google AMP Pages by PageFrog」

AMP対応ページのロゴやフォントを変更したりGoogleアナリティクスのトラッキングコードを設置することができるWordPressプラグイン「Facebook Instant Articles & Google AMP Pages by PageFrog」

AMP対応ページのロゴやフォントを変更したりGoogleアナリティクスのトラッキングコードを設置することができるWordPressプラグイン「Facebook Instant Articles & Google AMP Pages by PageFrog」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 次世代の暗号通貨投資法!初心者でも!どなたでも年利36.27% ⁉︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Instant Articles & Google AMP Pages by PageFrogは、AMP対応ページのロゴやフォント等を変更したり、Googleアナリティクスのトラッキングコードを設置することができるWordPressプラグインです。

AMPへの対応については、AMPもしくはAccelerated Mobile Pagesを使うと簡単に対応させることができます。

スポンサードリンク

Facebook Instant Articles & Google AMP Pages by PageFrogのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Facebook Instant Articles & Google AMP Pages by PageFrogをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Facebook Instant Articles & Google AMP Pages by PageFrogを有効化します。

Facebook Instant Articles & Google AMP Pages by PageFrogの設定

プラグインを有効化すると、[Mobile Formats]というメニューが追加されます。このメニューから下記の設定ができます。

Styling

[Mobile Formats] – [Styling]では、AMPページのロゴやフォントなどを設定できます。右側にプレビューが表示されるので、確認しながら設定しましょう。

Styling

BRANDING ロゴ
TITLE サイトタイトルのフォント
HEADINGS 見出しのフォント
BODY TEXT 本分のフォント
LINKS リンクの装飾
QUOTES 引用のフォント
FOOTER TEXT フッターのフォント
Analytics

[Mobile Formats] – [Analytics]では、Googleアナリティクスとの連携が設定できます。

「GOOGLE ANALYTICS」をクリックして連携したいアカウントを選択しましょう。

Analytics

「GOOGLE ANALYTICS」で表示される[Enable Integration]をクリックしないと有効になりませんので、連携したら必ず[Enable Integration]をクリックして有効化しましょう。

Googleアナリティクスの有効化

Ads

[Mobile Formats] – [Ads]では、Google AdSenseの広告設置を設定することができます。

[Sign in with Google]をクリックして、Google AdSenseと連携します。

Ads

Settings

[Mobile Formats] – [Settings]では、AMPに対応させる投稿タイプを設定することができます。「Setting for published posts」では既存の記事、「Default setting for new posts」では新規記事のAMP対応の有効/無効を設定することができます。

Settings

あとがき

自身でAMPページのカスタマイズをするとなると知識も必要ですし、結構手間がかかります。管理画面上から、ロゴやトラッキングコードの設置といった、とりあえず必要なカスタマイズができるのはありがたいですね。

サイトをAMPに対応したら、Facebook Instant Articles & Google AMP Pages by PageFrogを使って、オリジナリティのあるページに仕上げちゃいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。